新着記事

絶対に知ってほしい乳がんリスクが高い人の特徴5選

絶対に知ってほしい乳がんリスクが高い人の特徴5選の画像

絶対に知ってほしい乳がんリスクが高い人の特徴5選

大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいます。それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管でつながっています。乳がんの約90%はこの乳管から発生することがわかっています。また、小葉から発生する乳がんが約5~10%あり、小葉がんと呼ばれています。「乳管がん」なのか「小葉がん」なのかは、乳がん組織を顕微鏡で検査すると区別できます。この他に特殊な乳がんがありますが、あまり多いものではありません。

【絶対に知っておきたい】パニック障害の症状3選

【絶対に知っておきたい】パニック障害の症状3選の画像

【絶対に知っておきたい】パニック障害の症状3選

最近、病院で「パニック障害」と診断される人が増えています。かつては「心臓神経症」や「不安神経症」という病気のひとつとされていましたが、違う病気であることが判明し、日本でも病名が知られるようになったのはほんの10年ほど前からです。そのためパニック障害のことをまだ知らず、つらい症状にひとりで悩んでいる人が少なくありません。そこでまず、パニック障害について整理しましょう。

【放置厳禁】肝硬変の見逃されがちな症状6選【医師監修】

【放置厳禁】肝硬変の見逃されがちな症状6選【医師監修】の画像

【放置厳禁】肝硬変の見逃されがちな症状6選【医師監修】

肝硬変という病気ですが、読んで字のごとく「肝臓がカチカチに硬く変化してしまい、肝臓の働きが悪くなってしまう」という病気です。肝臓の病気は色々ありますが、慢性的な肝臓の炎症が治らずに長期化してしまうと、最終的に肝硬変になってしまいます。肝臓はそもそも、おおまかに4つの機能があります。

医師が勧める正しい中性脂肪との付き合い方【必ずしも不必要ではありません】

医師が勧める正しい中性脂肪との付き合い方【必ずしも不必要ではありません】の画像

医師が勧める正しい中性脂肪との付き合い方【必ずしも不必要ではありません】

現代社会を生きるみなさんがある年齢を境に気にし始めることでも有名な「中性脂肪」ですが、その役割についてしっかりと認識していますか?おそらくこの記事をご覧いただいている方の多くが「中性脂肪は肥満の原因になる」といった認識はお持ちだと思いますが、中性脂肪は決して体に悪影響を及ぼすだけのものではありません。中性脂肪は主に食事によって摂取されますが、体を動かすときのエネルギー源になったり、皮下脂肪として体温を調節したりといった重要な役割をになっています。

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選の画像

劇的に死亡リスクを下げ、血流を良くする習慣

私たちの身体全身を絶えず巡っている血液。この血液は生活に必要な栄養や酸素を運んだり、不要となった老廃物などを回収する重要な役割をになっているのはご存知ですよね。これを血流と言います。しかしながらこの血流は目に見えないところで行われているため、正常に行われているのか、あるいは何かしらのトラブルが発生しているかは血液検査で調べるしか方法がありません。血流が悪くなる、とは一般的に血液がドロドロの状態と表現されることも多いのですが、健康な血液というのはサラサラの状態であり、健康のためにも血液をサラサラの状態で維持することが求められます。

【要注意】喘息って突然くる場合もあります

【要注意】喘息って突然くる場合もありますの画像

【要注意】喘息って突然くる場合もあります

風邪が治ったはずなのに、咳が長引いているということはありませんか?
喘息は、気管支などの空気の通り道が炎症などによって狭くなる病気です。夜中や明け方にヒューヒュー、ゼーゼーと笛が鳴るような呼吸の音とともに激しく咳き込みます。喘息の「喘」はハアハアと喘ぐこと、「息」は息をすることで「喘息」とは「喘ぎながら息をすること」をいいます。

【今すぐ断ちたい】知らず知らずやっている太りやすくなるメカニズムとは?

【今すぐ断ちたい】知らず知らずやっている太りやすくなるメカニズムとは?の画像

【今すぐ断ちたい】知らず知らずやっている太りやすくなるメカニズムとは?

現代人の肥満は、「食べ過ぎ、運動不足」に加え、「食べ方の異常、遺伝的体質、ジャンクフードの摂取、人工甘味料や添加物の摂取」など、様々な原因が考えられます。そこで今回は、体が太る仕組みと痩せる仕組みについて、基本的なメカニズムをお伝えします。

『放置厳禁』知らないと後悔する下痢の正体とは?

『放置厳禁』知らないと後悔する下痢の正体とは?の画像

『放置厳禁』知らないと後悔する下痢の正体とは?

個人差があるので一般論として捉えていただければと思いますが、人が健康な状態で排出するバナナ上の便には、およそ70%の水分が含まれています。対して下痢状態では、水分が80%以上の泥状便(でいじょうべん)、または水分が90%以上の水様便(すいようべん)が短時間で頻繁に登場してきます。
文字にしてみるとわかりにくくなってしまいますが、ほとんどの方が人生で少なくとも一度は経験したことがあると思いますので、視覚的なイメージはしっかりと共有できているかと思います。

なぜ体脂肪が出来るのか?【医師監修でわかりやすく解説】

なぜ体脂肪が出来るのか?【医師監修でわかりやすく解説】の画像

なぜ体脂肪が出来るのか?【医師監修でわかりやすく解説】

世間一般的に、体脂肪という言葉自体に対するイメージはいいものではありません。特に人の体脂肪は存在そのものが悪のような扱いを受けていますが、世界中の人が愛してやまない「WAGYU」の美味しさには牛の体脂肪に関係してますし、マグロなどの魚なども同様であるのに、なぜ人の体脂肪はよく思われないのでしょうか。それは体脂肪が増えることが健康を妨げる大きな原因になるという明らかな事実が共通認識として広まってきたからです。

絶対に知っておきたい肺がんの初期症状9選

絶対に知っておきたい肺がんの初期症状9選の画像

絶対に知っておきたい肺がんの初期症状9選

肺は、呼吸することで肺に吸い込まれた空気をガス交換する臓器です。口や鼻から吸った空気は気管、さらに気管支を通って肺に入ります。さらに気管支が分岐を繰り返して肺胞という小さな袋に入り、血液中の二酸化炭素と空気中の酸素を交換します。肺がんは肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が何らかの原因でがん化したもので、進行するにつれてまわりの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れにのって広がっていきます。肺がんは、喫煙との関係が非常に深いがんですが、タバコを吸わない人でも発症することがあります。

【要注意】外耳炎になる原因の多くは耳掃除です

【要注意】外耳炎になる原因の多くは耳掃除ですの画像

【要注意】外耳炎になる原因の多くは耳掃除です

外耳炎とは、耳の穴と鼓膜までの間に炎症が発生する病気で、リモートワークが増えた関係などで、多くの方が今まで以上にイヤホンなどを使用するようになったことで、そのリスクが高まってきています。外耳炎は誰にでも起こり得る身近な耳の病気で、ひどい場合には日常生活を送ることすら困難な状態になる可能性がある病です。ですが、基本的な症状や治療法を知って、初期対応を誤らなければそこまで怖い病気ではありませんので、今回は外耳炎の正しい知識と対処方法についてご紹介していきます。

ガン検診は、絶対に受けましょう!費用はいくら?何をするの?

ガン検診は、絶対に受けましょう!費用はいくら?何をするの?の画像

ガン検診は、絶対に受けましょう!費用はいくら?何をするの?

毎年、会社の健康診断で生活習慣病の検査は受けているのに、がん検診は一度も受けたことがない…そういった人は多いのではないでしょうか。日本人の死亡原因のトップは、「がん」です。日本人は生涯のうちに2人に1人はがんにかかるといわれていますが、日本におけるがん検診の受診率は20~30%と言われています。これは先進国の中でも極めて低く、検診率はなかなか上がらないというのが現状です。

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説の画像

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説

人間の脳は周りを頭蓋骨に囲まれて外の力から保護されています。この頭蓋骨と脳の間は3種類の膜で覆われています。外から順番に硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれています。くも膜と軟膜のすき間は、別名くも膜下腔と呼ばれていまして、この隙間は脳脊髄液という脳を保護する役割を持つ液体で満たされ、脳動脈や脳静脈が存在しています。くも膜下出血とは、このくも膜下腔に出血を起こした状態を指します。

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?の画像

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?

脳は、人のからだ全体をコントロールしている、とても大切なところです。呼吸や睡眠といった意識していない活動から、学ぶ、運動するといった高度な活動まで、人間のあらゆる活動をコントロールしています。認知症は、脳の細胞がさまざまな原因で減少したり、働きが悪くなったりすることによって、記憶や判断力の障害などが起こった状態です。認知症になると、ごはんを食べたことを覚えていない、自分のいる場所がどこなのかわからない、できたはずのことができなくなるなどの症状が出てきます。

【放置厳禁】見落とされがちな自律神経失調症の症状17選

【放置厳禁】見落とされがちな自律神経失調症の症状17選の画像

【放置厳禁】見落とされがちな自律神経失調症の症状17選

私たちの腕や足は「動かそう!」と意識したら動かせますよね。しかし、「腸を動かそう!」と思っても動かせません。腸は勝手に自動的に活動してくれています。
このように体の中を自動的に動かしてくれる神経を「自律神経」といいますが、この自律神経の調子が悪くなることで色々な症状が出てしまいます。
この病気を「自律神経失調症」といいます。

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選の画像

【うなぎにはどんな栄養があるの?カロリーは高いの?】土用の丑の日の由来や、鰻の食べ過ぎについても解説!

6月も中旬を過ぎると、飲食店やコンビニなどで鰻の広告をよく目にしますよね。「土用の丑(うし)の日」に鰻を食べる習慣から、このシーズンになるとこぞって売り出されています。でも、なぜ土用の丑の日に鰻を食べるのか、理由を知ってる人は意外と少ないのではないでしょうか?諸説あるようですが有力と言われている平賀源内(ひらがげんない)説をご紹介します。

アマニ油って本当に身体に良いもの?【オメガ3】

アマニ油って本当に身体に良いもの?【オメガ3】の画像

アマニ油って本当に身体に良いもの?【オメガ3】

かつてはダイエットの大敵だった「アブラ」。しかし近年「オイル・アブラ」の栄養価などが見直されてきて、オリーブオイルや菜種油など良質な植物オイルが注目を集めるようになってきました。  また、最近はチアシードやキヌアなどのスーパーフードが流行する中で、体に必要な脂質というものがテレビ番組で取り上げられるなど話題になりました。普段の食事からでは不足しがちだけど、カラダに必要な脂質の“オメガ3系脂肪酸”。そんなオメガ3系脂肪酸を含む代表として注目されているが“アマニ油”です。

胃がんの初期に見られる5つの症状とは?

胃がんの初期に見られる5つの症状とは?の画像

胃がんの初期に見られる5つの症状とは?

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって無秩序に増殖を繰り返すがんです。胃がん検診などで見つけられる大きさになるまでには何年もかかるといわれていて、大きくなるに従い、がん細胞は胃の壁の中に入り込み、外側にある漿膜やさらにその外側まで広がり、近くにある大腸や膵臓にも広がっていきます。

アゴに違和感これってもしかして、、、顎関節症の正しい治療法

アゴに違和感これってもしかして、、、顎関節症の正しい治療法の画像

アゴに違和感これってもしかして、、、顎関節症の正しい治療法

症状としては口を開けたり閉じたりする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がします。顎(あご)は絶妙に入り組んだ形と複雑な機能をもっています。ここには筋肉と関節と神経が集中し、下の顎をささえています。食事をしたり、話したりするときに連動して動いています。この顎の関節やその周囲が何かの原因で痛んだり、動きにくくなるのが顎関節症です。

高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】

高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】の画像

高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】

脳の発作、いわゆる「脳卒中」は血管が詰まるタイプの「脳梗塞」と、血管が破けて出血するタイプの「脳出血(以前は脳溢血と呼んでいました)」の二つに大別できます。かつて日本では脳卒中と言えば脳出血を指すほど脳出血が多数を占めていましたが、徐々に減ってきて今では脳梗塞のほうが多くなっています。 脳出血の原因の約6割が、高血圧性脳内出血です。高血圧症や動脈硬化が起こる、50~60歳代に好発します。

老化細胞を選択的に除去する「GLS1阻害剤」って何?【医師監修アニメーション解説】

老化細胞を選択的に除去する「GLS1阻害剤」って何?【医師監修アニメーション解説】の画像

老化細胞を選択的に除去する「GLS1阻害剤」って何?【医師監修アニメーション解説】

細胞はさまざまなストレスを受けると、もう二度と細胞増殖をしない老化細胞に変身することが知られています。これまでにこの老化細胞は加齢に伴いわれわれの生体内に溜まっていくことがわかっていました。一方で年老いたマウスから遺伝子工学的にこの老化細胞を除去すると、動脈硬化や腎障害などの加齢に伴って発症する病気の発現変化が遅れ、健康に生きられる寿命が伸びると考えられてきました。

大腸がんは喫煙、飲酒、生活習慣だけが原因じゃない!?大腸がんの出来る要因を全て解説

大腸がんは喫煙、飲酒、生活習慣だけが原因じゃない!?大腸がんの出来る要因を全て解説の画像

大腸がんは喫煙、飲酒、生活習慣だけが原因じゃない!?大腸がんの出来る要因を全て解説

大腸がんは、大腸の粘膜に発生する悪性の腫瘍で、できる場所によって大まかに「結腸がん」と「直腸がん」に分けられています。一言で大腸といってもさまざまな部位があり、入り口から出口に向かって上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸S字部、上部直腸、下部直腸、肛門管で構成されています。

【季節の変わり目は頭が痛い】気象病の原因と対策法とは? 現役医師監修

【季節の変わり目は頭が痛い】気象病の原因と対策法とは? 現役医師監修の画像

【季節の変わり目は頭が痛い】気象病の原因と対策法とは? 現役医師監修

『気象病』という名前を初めて耳にされる方も多いかもしれません。気象病は近年注目が集まっている病気のひとつで、潜在患者数は1,000万人にのぼるとも言われています。気象病は、気候や天気の変化が原因でおこるカラダの不調の総称で、頭痛やめまい、疲労感、関節痛、気持ちの落ち込み、うつ、吐き気、喘息などさまざまな症状が出るのが特徴です。気候変化の激しい季節の変わり目や、梅雨の時期、また台風が多い時期などに特に起こりやすいと言われています。

激安食パンは本当に危険なのか?【医師監修アニメーション】

激安食パンは本当に危険なのか?【医師監修アニメーション】の画像

激安食パンは本当に危険なのか?【医師監修アニメーション】

「スーパーやコンビニで売られているパンは、添加物が危険だから食べない方が良い」という話を耳にしたことはありますか?中には添加物に対して体が過剰に反応してしまい、少量の添加物を取るだけで胃や腸の調子が悪くなってしまう方もいます。激安な食パンに含まれる添加物は医学的にみて危険なものなのでしょうか?

【空腹こそ最強のクスリ】16時間断食の正しいやり方 -無理なく痩せる食事法を解説- 【オートファジーダイエット】

【空腹こそ最強のクスリ】16時間断食の正しいやり方 -無理なく痩せる食事法を解説- 【オートファジーダイエット】の画像

【空腹こそ最強のクスリ】16時間断食の正しいやり方 -無理なく痩せる食事法を解説- 【オートファジーダイエット】

「8時間ダイエット」とは、8時間以内に1日のすべての食事をとる食事法のことで、「ものを食べない時間を増やす」ことに主眼を置いた食事療法です。これを「間欠的ファスティング(断食)」といいます。ファスティングは、健康面で多くのメリットが得られることが明らかになってきましたが、その最たるものが「オートファジー」の解明です。オートファジーとはギリシャ語で「オート」は「自己」で、ファジーは「食べる」を意味します。噛み砕いていうと、細胞の中の余計なものを細胞自体が取り除くシステムです。

【あなたは1日何食?】1日3食は身体にとって食べすぎなのかも!

【あなたは1日何食?】1日3食は身体にとって食べすぎなのかも!の画像

【あなたは1日何食?】1日3食は身体にとって食べすぎなのかも!

私たちは生まれながらにして「1日3食とることが健康的な食生活だ」と教わってきたと思います。学校でも家庭でも朝ごはん・昼ごはん・晩ごはんの3食をバランスよくとりなさいといわれて育ってきた方がほとんどではないでしょうか?この1日3食がいいとされる理由として、「栄養バランス」「脳への栄耀補給」「食事の役割分担」などの理論があります。

絶対に知っておきたい糖質制限のデメリット

絶対に知っておきたい糖質制限のデメリットの画像

絶対に知っておきたい糖質制限のデメリット

人間のカラダは本来、何をエネルギーとして使っているのかを理解するところから糖質制限についてお伝えします。安静時の代謝を分析すると、糖質が50%、脂質が50%の割合で使われています。どんな人間でも1日のエネルギーの半分を糖質で賄(まかな)わないとバランスが悪くなります。

絶対に知っておくべきフィッシュオイルの適切な摂り方

絶対に知っておくべきフィッシュオイルの適切な摂り方の画像

絶対に知っておくべきフィッシュオイルの適切な摂り方

フィッシュオイル(魚油)サプリは年間売上12億ドル(約1,430億円)の巨大市場ですが、たいして効き目がないことが最近の研究でわかってきました。フィッシュオイルの副作用として鼻血や下痢の症状が数多く出る事が知られている一方、フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸で血液がサラサラになり動脈硬化、脳卒中、心臓病、さらに認知症のリスクが減るという情報もあり、日々フィッシュオイルのサプリを一生懸命飲んでる人も多いと思います。

【いびきを甘く見ないで】絶対に見逃してはいけない睡眠時無呼吸症候群【SAS】

【いびきを甘く見ないで】絶対に見逃してはいけない睡眠時無呼吸症候群【SAS】の画像

【いびきを甘く見ないで】絶対に見逃してはいけない睡眠時無呼吸症候群【SAS】

家族や恋人から「いびきがうるさくて眠れない」と言われたことはありませんか?自分自身は眠っているので、自分のいびきに気づかない人が多いですが、意外といびきで悩んでいる方は多いかと思います。あまりいびきがひどいと、友人や家族から嫌がられ、一緒に旅行してもらえないこともあります。また、十分な時間の睡眠をとったにもかかわらず、日中に眠気を感じる場合は、いびきが社会生活に影響を及ぼしている可能性もありますので、専門医の診察を受けるのが望ましいでしょう。

白髪は予防できる!?気になるその原因と対処法

白髪は予防できる!?気になるその原因と対処法の画像

白髪は予防できる!?気になるその原因と対処法

髪の毛の中に白髪(しらが)が一本でもあると、とても老けた印象になってしまいます。白髪が生えてきたら「抜く」「染める」などの対策方法がありますが、一時的に解決はしても、また次々と白髪が生えてきてしまいます。特に「抜く」という行為は毛根そのものを傷つけることにもなり、次に生えてくる毛髪にも影響するので医学的にはお勧めができません。その場しのぎの対策ではなく、まずは白髪が生えにくい頭皮環境に改善することが重要と言われています。白髪を「年齢のせいだから」「遺伝や体質だから」とあきらめてはいけません。きちんと原因と対策を知れば、改善できる可能性があります。

メディバリー大学病院とは?

メディバリー大学病院は人体の不思議を紐解く動画メディアです!
人間の身体・心に関する好奇心がとまらなくなるような情報や、生活に役立つ医療情報を紹介し、”知的好奇心”を育て、”健康と豊かな生活”を手に入れるために必要な知識をYouTubeで配信します!

「もっと医学に関する知識を知ってほしい!」
「健康で快適な心と身体で、よりよい人生にしてほしい!」

という思いで、統計学的なデータに裏付けられた論文を基に、医師が面白い情報を厳選してお届けします!

“話題となっている病気”
“ウワサの薬物”
“古くから語り継がれる医療の都市伝説”

などを、わかりやすくアニメーションを用いて紹介します!
お楽しみください!

人体の不思議についての動画メディア”メディバリー大学病院”の
YouYube チャンネル

Medivery 大学病院

Medivery 大学病院


画像をタップすると”Medivery 大学病院”の YouTube にアクセスすることができます!

是非一度ご覧になってください!

人体の不思議についての動画メディア”メディバリー大学病院”の
診療科目

人体の不思議についての動画メディア”メディバリー大学病院”の
Twitter

メディバリー大学病院の情報をTwitterで手に入れたい方はコチラ!

https://twitter.com/medivery