電子タバコは紙タバコと同じぐらい体に有害です

Medivery


アイコスなどに代表される電子タバコ

「吸った煙は蒸気になるので副流煙はない」

などのうたい文句もよく耳にします。

かし複数の研究から、

 

“従来のタバコと比べて電子タバコが「安全」だという保証はない”

 

ということが明らかになったようです。

「European Heart Journal」(ヨーロピアンハートジャーナル)2019年11月に掲載された医学論文では、喫煙者とマウスを対象とした調査・実験により、電子タバコが潜在的に肺・脳・血管に有害な影響をもたらすメカニズムが解明されました。

 

今回はそんな電子タバコのデメリットをお伝えしていきます。

きっとこの記事を読み終えるころには、あなたの禁煙がスタートしているかも、、、

 

  1. 電子タバコとは?
    1. 電子タバコ (E-cigarettes)
    2. 非燃焼・非加熱式タバコ (Heat-not-burn tobacco)
  2. 電子タバコの喫煙が世界中で増加中
  3. 電子タバコが肺・脳・血管に悪影響を及ぼすメカニズム
  4. タバコ企業が関わった報告では健康被害が過小評価されている!?
  5. まとめ

 

電子タバコとは?

皆さんは電子タバコと聞くとどのようなものをイメージされますか?

日本呼吸器学会によりますと、新型タバコの種類・違いは次のように整理できるようです。

    電子タバコ (E-cigarettes)

    電子タバコ (E-cigarettes(いーしがれっつ))は液体を加熱してエアロゾルを発生させて吸引するタイプのタバコです。

    この液体にはニコチンを含むものと含まないものの 2 種類があるようですが、日本では法的な規制によりニコチン入りリキッドは販売されておりません。

      非燃焼・非加熱式タバコ (Heat-not-burn tobacco)

      非燃焼・非加熱式タバコ (Heat-not-burn tobacco(はーとのっとばーんたばこ))は葉タバコを直接加熱し、ニコチンを含むエアロゾルを吸引するタイプのタバコです。

      低温で霧状(きりじょう)にする有機溶剤からエアロゾルを発生させた後、タバコ粉末を通過させてタバコ成分を吸引するタイプです。

      一番有名なアイコスがこのタイプになります。

       

      大きく分けるとこの2種類になります。

      電子タバコの喫煙が世界中で増加中

      現在、若者の電子タバコ喫煙が世界中で増加してるといわれています。

      たとえばCDC(米国疾病予防管理センター(べいこくしっぺいよぼうかんりせんたー)の報告によりますと、アメリカの高校生で、

       

      2011年1.5% (22万人)だった電子タバコ喫煙者が、

      2018年には20.8% (305万人)にまで急増した

       

      との報告があります。

      一方、健康影響の危険性への懸念などから、インド、ブラジル、シンガポール、メキシコ、タイなどではすでに電子タバコは禁止されるようになりました。

      日本でも、電子タバコによる肺疾患死亡例などの健康被害が出ており、懸念が高まっています。

      電子タバコが肺・脳・血管に悪影響を及ぼすメカニズム

      それではどのようにして電子タバコが我々の体に悪影響を及ぼすのでしょうか?

      この研究では、喫煙者とマウスを対象とした調査・実験を行いました。

      そして短期間の電子タバコの喫煙であっても血管の内皮細胞(ないひさいぼう)の機能不全酸化ストレスの増大など、体内で様々な悪影響が生じていることが判明しました。

      その結果、我々の循環器系はダメージを受けており、とくにそのダメージには NOX2(えぬおーえっくすつー)という酵素(こうそ)が関わっていることがわかったのです。

      電子タバコの喫煙により血管内皮細胞の機能不全や酸化ストレスが増大する

      「電子タバコは従来のタバコよりも毒性が低く健康的だ」

      「電子タバコは禁煙の方法として有効だ」

       

      という主張については、そのような安全性や禁煙方法を裏付けるデータは不足しており、従来のタバコと比べて電子タバコが「安全」だという保証はないと論文の著者らは警告しています。

      タバコ企業が関わった報告では健康被害が過小評価されている!?

      また、電子タバコの有害性や健康影響の評価についての調査が発表されておりますが、その研究にタバコ業界が関与することも多く、そのような研究では無害という結果が報告される確率が高いなど、タバコ業界に忖度(そんたく)された研究になっていることを指摘した論文も発表されています。

      次の図はたばこの健康被害についての調査結果スポンサーの有無を比較したグラフです。

      たばこの健康被害についての調査結果とスポンサーの有無

      各グラフの中で赤い棒グラフが有害な報告をした割合ですが、一番右のスポンサーのついていない研究(no industry)では95%以上が電子タバコは有害であったとの報告をしております。

      逆にスポンサーがついている研究では有害と報告している割合は少ないのがお分かりになると思いますし、一番左の既存のタバコ業界(Tobacco industry related)がスポンサーについている場合は有害の割合が 7.7% と“ほぼ有害ではないと発表”していることが分かります。

      このような研究に対するタバコ業界の忖度(そんたく)が存在していることも考えると、特に子供や若者たちを健康リスクから守るためには積極的な対策をとるべきであり、電子タバコは従来のタバコと同じように重要な健康リスク要因として認識されるべきだと言えます。

      そのため今回紹介した論文以外にも、複数の論文で電子タバコ喫煙者の増加に対する懸念が表明されています。

      まとめ

      いかがでしたでしょうか?

      今回は安全と思われている電子タバコの本当の害悪についてお伝えしました。

      皆さんの身の回りで「安全だよ」といわれている食べ物、飲み物などの嗜好品の中には、その販売会社が研究者にお金を渡し、わざと安全な方向に結果を仕向けるような忖度(そんたく)丸出しの研究があることを覚えておいてくださいね!

      そして、情報を調べるときは、1つの情報だけではなく、いろいろな角度から、何種類かの情報を集めて、比較してみることが大事だと思います。

       

      このチャンネルでは様々な医学情報をお伝えし、みなさんの医学知識を増やすお手伝いをしています。

      この記事がためになったなぁ!と思った方は、ブックマークをしていただけると大変嬉しいです!

      また

       

      「こんな内容を調べてほしい!」

      「この病気について知りたい!」

       

      というというリクエストがある方はコメント欄にご連絡いただけますと、とてもうれしいです!

      ありがとうござました!

      【参考文献】

      1. Auer R, et al. Heat-Not-Burn Tobacco Cigarettes: Smoke by Any Other Name. JAMA Intern Med. 177:1050-1052, 2017. 
      2. 欅田尚樹.電子タバコ蒸気に含まれる有害化学成分.厚生労働省委員会報告書 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-DaijinkanboukouseikagakukaKouseikagakuka/0000066481.pdf 
      3. Shahab L et al. Nicotine, Carcinogen, and Toxin Exposure in Long-Term E-Cigarette and Nicotine Replacement Therapy Users: A Cross-sectional Study. Ann Intern Med 166:390- 400, 2017. 
      4. Marin Kuntic et al. Short-term e-cigarette vapour exposure causes vascular oxidative stress and dysfunction: evidence for a close connection to brain damage and a key role of the phagocytic NADPH oxidase (NOX-2) European Heart Journal (2019) 0, 1–13
      5. Notes from the Field: Use of Electronic Cigarettes and Any Tobacco Product Among Middle and High School Students — United States, 2011–2018

      Weekly / November 16, 2018 / 67(45);1276–1277

      1. Pisinger, Charlotta, Nina Godtfredsen, and Anne Mette Bender. "A conflict of interest is strongly associated with tobacco industry–favourable results, indicating no harm of e-cigarettes." Preventive medicine 119 (2019): 124-131.

      【監修医師】

      1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
      2. 小山翔平: 整形外科専門医