ニキビを治すのに効果的なのはアレです

Medivery


思春期の頃はもとより、今もニキビで悩むことは多いですよね…

日本人の約90%がかかると言われるニキビ。

ニキビができたらどうすればいいの?と悩む人もいるでしょう。

 

「この程度なら大丈夫かな」

「忙しくて病院に行く時間がない」

 

と、セルフケアで済ませてしまう方がほとんどだと思います。

 

実は、ニキビは「尋常性ざ瘡」と呼ばれる立派な病気なのです。

そのため、一番有効な治療法は「病院で医師に診察してもらい、適切な治療を受けること」となります。

「ニキビができたら病院に行く」という情報をお届けするのが今回の動画となります。

 

治療が遅れると治りにくくなり、場合によってはニキビ痕が残ることもあります。

きれいに治すポイントは「早期に発見し、適切な治療を受けること」です。

 

今回は、“ニキビの原因”と“ニキビに関する身近な疑問”を医師の視点からお答えし、皆さんのニキビ治療に役立つ情報をお伝えします。

 

  1. ニキビの原因
  2. 意外と知らないニキビの種類
  3. ニキビが繰り返される原因とは
  4. ニキビの治療
  5. ニキビで病院にかかるべき理由
    1. 最適な治療
    2. 大きな病気がないか調べることができる

 

ニキビの原因

まず初めにニキビの原因についてお話しします。

ニキビの主な原因は

 

  • 過剰な皮脂分泌
  • 毛穴の出口の閉鎖
  • ニキビの原因菌の増殖

 

の3つです。

ニキビが発生する場所は脂腺性毛包(しせんせいもうほう)と呼ばれる場所です。

そこは毛穴の一種ですが、皮脂腺と呼ばれる皮脂を分泌させる器官が発達しているのが特徴です。

この脂腺性毛包は背中に存在します。

そのためニキビは顔や胸や背中にできてしまうのです。

通常、健康な肌では皮脂の出口となる毛穴が開いているため、皮脂は毛穴の中にはたまらず外部に排出されます。

このような状態であればニキビは発生しません。

問題は毛穴の出口が閉じてしまって、皮脂が毛穴の中にたまってしまった時です。

 

「毛穴が閉じるだけでニキビができるの?」

 

と思う人が多いと思います。

実はその通りであり、その根拠となるのが「ニキビの原因菌の増殖」です。

テレビの CM などでアクネ菌という言葉を聞いたことがあると思います。

これがニキビの原因菌です。

このアクネ菌、実は人間全員の皮膚に存在しているといわれております。

酸素が嫌いで、皮脂が大好きなアクネ菌は、毛穴が閉じることで酸素がなくなり皮脂がたまった状態になると元気に活動しだします。

毛穴が閉じるという現象はアクネ菌にとってとても住み心地がよく増殖しやすい環境を作ってしまうのです。

結果として、アクネ菌の活動が毛穴の炎症を生み出すことでニキビとなり、赤く腫れ、膿がたまり、痛みをもたらすのです。

意外と知らないニキビの種類

ニキビはその炎症の段階でいくつかの種類があります。

 

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黄ニキビ

 

です。

閉じた毛穴の中でニキビ菌が増殖し、肌の表面が盛り上がった状態「白ニキビ」といいます。

そこから毛穴が閉じて、角質で覆われた状態「黒ニキビ」

そのままどんどんニキビ菌が増殖し、やがて炎症を起こし、皮膚に赤みが出たものを「赤ニキビ」

化膿して膿が溜まった状態「黄ニキビ」と呼びます。

 

たしかに言われるとこのような段階を経てニキビは変化していきますよね。

皆さんイメージできるのではないでしょうか?

ニキビが繰り返される原因とは

このようにニキビは段階的に進んでいく病気なのですが、毛穴でおこる炎症が治まると痛みや赤味がひくため「治った」と勘違いしてしまい、白ニキビの状態でケアをやめてしまう人が多いといわれています。

ところが実際は毛穴にはまだニキビ菌がひそんでいるためすぐに再発してしまいます。

そのためニキビは同じ場所繰り返しできるのです。

白ニキビになった後もケアが重要なのですね!

ニキビの治療

ではニキビができたらどうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。

 

「皮膚科を受診する」

 

これだけです。

軽傷であればセルフケアで様子をみたり、自分でニキビを潰してしまう方もいると思います。

しかし、きれいにニキビを治すためには「皮膚科の先生に診てもらうこと」がとても重要なのです。

日本皮膚科学会のニキビのガイドラインには、

 

「90%以上の人がニキビを経験するが、そのうち病院を受診するのは10%に満たない。」

 

といった調査報告があります。

しかし、ニキビは立派な病気であり、病院やクリニックといった医療機関で治療するのがベストです。

薬局などでお薬を購入することもできますが、しっかりとした治療効果の根拠のあるニキビ治療薬医療機関でしか処方できないのです。

放置したり、自分で潰してしまったら痕が残ることもあります。

さらにそのニキビ痕はクレーターのように陥没することもあり、そうなってしまった場合、病院を受診しても完全に治療することは困難です。

あとが残る前に是非病院を受診してみてください。

ニキビで病院にかかるべき理由

それはでは「ニキビで病院にかかるべき理由」を具体的にお伝えします。

以下の2つです。

  1. 最適な治療を選べる
  2. 大きな病気がないか調べることができる

最適な治療

はじめに「最適な治療」についてですが、先ほどもお伝えしたようにニキビの効果的な治療は病院でしか受けることができません。

治療には

 

  • 塗り薬
  • 飲み薬
  • ピーリング

 

が用いられます。

 

「塗り薬」は薬局でも販売されていますが、しっかりとした効果が得られるものではありません。

誰でも購入できる分安全性を担保するため、有効成分の量が少なかったり、効果がほとんどない場合もあります。

病院で処方される塗り薬は、「毛穴の角質除去作用」「抗菌作用」の2つがあり、それぞれがアクネ菌の働きを抑える効果を持ちます。

 

「飲み薬」は主に抗生剤になり、これももちろん医師の処方箋が必要です。

こちらもアクネ菌の働きを抑制します。

 

「ピーリング」という言葉は聞きなれないかもしれません。

簡単に言えば、“皮膚の生まれ変わりを促進する治療方法”です。

古い角質を取り払い、下から新しい皮膚が生まれやすい状態を作り、その新しい皮膚がきれな見た目を生み出すとされています。

適切な表現ではないかもしれませんが「お薬を使ったあかすり」というようなイメージです。

市販薬もありますが、医療機関で用いられるピーリング剤とは濃度が大きく異なるため、その効果も大きく違います。

やはり圧倒的に有効なのは医療機関で行うピーリングなのですね。

 

これら3つの薬を使って、総合的にニキビを治療してきますが、どの薬をどの程度使うかはその人のニキビの状態によって変わってきます。

病院で医師の診察を受けることで、あなたにあった最適な治療を選んでくれるのです。

ニキビでお困りの患者さんは是非病院を受診してみてください。

大きな病気がないか調べることができる

「大きな病気がないか調べることができる」ということも大事な要素となります。

ニキビが重症だった場合、それはただのニキビではなく他の病気が潜んでいる可能性もあるのです。

例えば、20-30歳代女性生理不順も伴う場合は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という婦人科の病気の合併を疑う必要があります。

またニキビとともに体重の増加皮膚の赤みが目立つようになった場合は副腎ホルモンの分泌異常を伴う病気を疑う必要があります。

いずれも、医師でないと判断がつかないことが多く、セルフケアを続けていただけではこれらの病気に気付かないこともあります。

たかがニキビと思われがちですが、我々医師にとっては重大な病気のサインでもあるのです。

しっかりと医師の診察を受け、大きな病気の早期発見・早期治療につなげましょう。

【参考文献】

  1. 日本皮膚科学会 尋常性ざ瘡 ガイドライン

【監修医師】

  1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
  2. 小山翔平: 整形外科専門医