鼻毛が伸びる3つの原因とは?【科学的に解説】

Medivery


あなたは「鼻毛抜く派」ですか?

それとも「切る派」ですか?

 

鼻毛が出ていると異性にきらわれてしまったり…

なんてこともあるかもしれません。

 

実は鼻毛って医学的にはとっても重要な役割を担っているのです。

今回は医学的根拠に基づいた適切な鼻毛の処理方法についてお伝えしていきます。

鼻毛が出てる人もそうでない人も最後までご覧ください。

 

  1. 鼻毛とは?
    1. フィルターとしての役割
    2. 鼻粘膜の乾燥を防ぐ
    3. ニオイをかぎ分ける働きを助ける
  2. 鼻毛の成長速度
  3. 鼻毛が伸びる原因
    1. 性別
    2. 加齢
    3. 汚れた空気
  4. まとめ

 

鼻毛とは?

鼻毛(はなげ)は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛のことをさします。

他の体毛と同じように男性ホルモンの影響を受けるため、男性の方が鼻毛は太く、長くなる傾向にあります。

そのため鼻の穴からはみ出すことが多いので、女性よりも目立ってしまいます。

 

では、そもそもどうして鼻毛は存在するのでしょうか?

まずはこの疑問について考えていきましょう。

鼻毛の役割は主に次の3つと言われています。

    1, フィルターとしての役割

    人間の本来の呼吸方法は口呼吸ではなく鼻呼吸といわれています。鼻から呼吸することで、ほこり粉塵(ふんじん)、微粒子病原体などが体内に侵入してくるのを防ぎ、異物が気管支に入り込まないようする役割を担っています。

      2, 鼻粘膜の乾燥を防ぐ

      鼻毛のもう一つの役割は、鼻の穴の中の湿度温度一定に保って、粘膜を守り、乾燥するのを防いだりもします。特に乾燥してしまうことでウィルスなどが侵入・繁殖しやすくなり、炎症を起こす原因にもなります。鼻毛は病原体の感染から我々の身を守ってくれる役割も果たしているのです。

        3, ニオイをかぎ分ける働きを助ける

        鼻の粘膜に細かく生える嗅毛(きゅうもう)は、匂いを感知する嗅覚神経の先端でもあります。この嗅毛の働きによりニオイ分子に刺激されて、これが電気信号に変わり脳の嗅覚中枢に伝えられると言われています。

         

        鼻毛の成長速度

        そんな鼻毛ですが、どれくらいのスピードで伸びるのでしょうか?

         

        人間の髪の毛が伸びるスピードは、平均すると

        1日: 約0.4mm」「1ヶ月: 約1.2cm」

        といわれています。

         

        鼻毛の場合は、体質や環境の状態によって差はありますが、平均すると

        「1日: 0.15mm」「1ヶ月: 4.5mm」

        と考えられます。

         

        鼻のすぐ出口に生えている鼻毛に 4.5mm 程度の長さがあると、鼻毛は鼻から外にはみだして見えてしまいます。

        そのため鼻毛はひと月も放っておくと大変見苦しくなるので、こまめな手入れが必要になると言えますね。

        鼻毛が伸びる原因

        では、なぜ鼻毛は伸びてくるのでしょう?

        鼻毛が伸びる要因には次の3つが知られています。

        1, 性別

        「男性の方が女性よりも鼻毛が目立つことが多い」という事実、皆さんはご存知でしたか?

        女性の方が身だしなみに気を使っており、よく手入れしているからという理由もありますが、それだけではありません。

         

        冒頭でもお伝えしましたが、これには「男性ホルモン」の影響があります。

        男性ホルモンのテストステロンは「男らしさ」をつくるホルモンです。

        そのテストステロンがひげ胸毛すね毛などと同じように、鼻毛(はなげ)の成長も活性化させる働きをします。

        そのため男性ホルモンが多く分泌される男性の方が“毛も伸びやすい”と言われているのです。

        2, 加齢

        鼻毛も含めて全身に生えている毛髪はみな寿命をもっています。

        「伸びては抜け、また新しく生える」をくり返しています。

        これを「ヘアサイクル」といいます。

        実はこのヘアサイクル、“加齢とともに周期が長くなり、自然に抜け落ちるまでの時間が長くなる”ことが知られています。

         

        なが~く伸びた眉毛(まゆげ)のご老人をイメージすると分かりやすいと思います。

        鼻毛についても同様で、年齢を重ねるごとに長い鼻毛の割合が多くなります。

        電車の中で中高年男性の鼻毛が伸びているのはこういった理由があったのです。

        3, 汚れた空気

        汚れた空気を吸い続けると、その汚れから身を守るために鼻毛が伸びやすくなるといわれています。

        特に交通量の多い道路沿いに住んでいる人工事現場での作業が多い人など、汚れた空気の中で長時間過ごすことが日常化していると、異物が体内に侵入するのを防ぐため鼻毛が伸びやすくなるといわれます。

        これは鼻毛のフィルター機能が活発に働くためと言われています。

        また同じ理由で、喫煙習慣のある人は、そうでない人よりも鼻毛が伸びやすいといわれています。

        鼻毛の手入れ

         このように大事な役割を果たしている鼻毛、皆さんどれくらい手入れしていますか?

        また手入れの注意点はご存知でしょうか? 

         

        白髪や眉毛などは抜いてしまうことがありますが、鼻毛を抜いてしまうのは訳が違います。

        鼻毛を抜いてしまうと、鼻毛の持つフィルター機能や鼻腔の保湿機能がなくなってしまいます。

        また鼻毛を引っ張って抜くことで毛穴に傷がつき、粘膜の炎症を起こす可能性もあります。

        「鼻毛処理用のワックスで毛をまとめて抜いたら風邪をひきやすくなった」という調査結果もあると言われています。

        ある調査では、男性の約4割女性の約2割が鼻毛の処理に関して「抜く処理」をすると答えており、「鼻毛は抜いてはいけない」という事実が意外と知られていないことが分かります。

         

        では鼻毛の正しい処理の方法は何でしょうか?

        話は単純でカットすることです。

        しかし、切るにしても根元から切るのではなく、ある程度の長さを残さないと鼻毛の持つ機能を損なってしまいます。

        そのため、鼻毛の機能を保ちつつ見た目も良くするには、こまめに手入れをする必要があるのです。

         

        ここでは鼻毛用小型ハサミを使って切ったり、鼻毛カッターを使って整えることをお勧めします。

        手動よりは電動の方が手軽に切り残しを少なくできると評判です。

        是非試してみてください

        まとめ

        いかがでしたでしょうか?

        「鼻毛は見た目を悪くする邪魔な存在」だと思いがちですが

         

        • フィルター機能
        • 保湿機能
        • 嗅覚補助

         

        など大事な機能があることが分かりました。

        この機能を意識しつつ、こまめに手入れすることを心掛けていきましょう!

         

        今回の記事は以上となります。

         

        「こんな内容を調べてほしい!」

        「この病気について知りたい!」

         

        というリクエストがある方はコメント欄にご連絡ください!

        とても参考になりますし、記事作成の励みになります!

        ありがとうございました!

        【参考文献】

        1. Nose hair trimmer, nose hair trimmer arrangement, nose hair trimmer attachment, trimmer blade arrangement and manufacturing methods therefor
        2. Hair follicles as a niche of Staphylococcus aureus in the nose; is a more effective decolonisation strategy needed?
        3. Nose hair: Love it or leave it?: The lovecidal of bodies that filter

        【監修医師】

        1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
        2. 小山翔平 (Shohei Oyama): 整形外科専門医, おやま整形外科クリニック院長 《Web》https://oyama-seikei.gassankai.com/