激辛料理を食べるとどうなるの?

Medivery


今回はみなさん大好きな激辛料理、これを食べたら我々の体に何が起こるのかを科学論文をもとにお話ししていきます。

  1. 激辛料理の正体とは?
  2. カプサイシンの作用
  3. カプサイシンのさらなる作用
  4. カプサイシンの行方
  5. まとめ

    激辛料理の正体とは?

    みなさんは辛いものの正体をご存知ですか?

    実は、辛いものの正体は「カプサイシン」という化学物質です。

    このカプサイシンが体に影響を与えることで色々な反応が出てくるのです。

    実はトウガラシやハバネロの外側の果肉部分には、カプサイシンはそこまで含まれていません。カプサイシンは内側のタネがある方の皮に多く含まれています。

    「食べた瞬間は平気だったけど、後からじわじわ辛さが伝わってきた」

    といった経験はありませんか。それは「外側の果肉」を歯で噛んだときは辛さがなく、「内側の壁」を噛み砕いたときに、カプサイシンが口の中に広がるからです。

    それではそんなカプサイシンの作用をひとつひとつ見ていきましょう。

    カプサイシンの作用

    カプサイシンの作用は一言で言ってしまえば、「全身の感覚神経を刺激する」ということになります。

    口の中の感覚神経を刺激し、激しい痛みや辛味を感じさせます。

    また喉の神経も刺激するので激しい咳き込みをする人もいます。

    時々辛さを水で洗い流そうとたくさん飲む方がいますが、カプサイシンは水に溶けない物質です。

    そのため水を飲んでも口の中のカプサイシンは洗い流されることなく、口の中に広がってしまうので効果がないと言われています。

    水の有効な飲み方は、辛いものを食べる前にキンキンに冷やした水を口に含んで、口の中の感覚神経を鈍らせることが有効です。

    次に口から入ったカプサイシンは胃の感覚神経に作用して胃酸を分泌させます。

    実はこれが「お腹が痛い」という症状を起こします。

    胃の中には「胃酸」と「胃粘液」という相反する2種類の液体があり、この2つのバランスが取れているおかげで食べ物は溶かすけど、胃は溶かさないようにできています。

    しかし胃酸が多くなるとこのバランスが崩れてしまい、胃の表面が傷つきます。胃粘膜が傷つくと、シクシク、ズキズキといった痛みが発生すると言われています。

    カプサイシンのさらなる作用

    カプサイシンは胃に入っておしまいではありません。

    一部体内に吸収されなかったカプサイシンは、腸を通って肛門から出て行くことになります。

    腸には痛みを感じる感覚神経はないのですが、肛門は皮膚の一部なので、たくさんの感覚神経があります。

    そのため、最後に便と一緒にカプサイシンが出て行くときに肛門の感覚神経を刺激して激しい痛みを感じることになります。

    カプサイシンの行方

    それでは、体内に吸収されたカプサイシンはどうなるのでしょうか?

    実は血流に乗って脳に運ばれると言われています。

    カプサイシンが脳に達した時、体温を上げる感覚神経に働きかけ、体温が上昇すると言われています。

    体が熱くなって汗が噴き出すのは、カプサイシンが脳に作用している証拠だったのです。

    まとめ

    今回は激辛料理を食べた際に体に起こる変化についてお話ししました。

    激辛料理の正体はカプサイシンだったのです。カプサイシンが体に色々な反応を起こすため、これらの症状が出るのですね。

    【参考文献】

    1. Consumption of hot spicy foods and mortality—is chilli good for your health?

    【監修医師】

    1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
    2. 小山翔平 (Shohei Oyama): 整形外科専門医, おやま整形外科クリニック院長 《Web》https://oyama-seikei.gassankai.com/