ワインを飲み続けるとどうなるの?

Medivery


今回は、みなさんご存知のワインについて

ワインの健康への優れた効果5つをお話しします。

 

  1. ワインの効果がすごすぎた・・・
    1. 抗酸化作用をもたらしてくれる
    2. 血圧を下げてくれる
    3. 中性脂肪・コレステロールを改善する
    4. 血糖値を改善する
    5. 心臓病のリスクを減らす
  2. まとめ

 

ワインの効果がすごすぎた・・・

皆さんワインはお好きですか?

色々な記事やブログでワインの味わいや健康に関する情報が手に入ります。

アルコールが苦手な人は別ですが、Youtubeで有名なメンタリストのあの人をはじめ、ワインが大好きな人は多いと思います。

実際に適量のワインは、心も体も心地よくしてくれるのは確かです。

そして今までの研究によれば、ワインは心臓をはじめ体内に良い影響を与えることが期待できるという結果も出ています。

その理由として、ワインに含まれるポリフェノールが効果を発揮していると言われておりますが、果たしてそのほかに何か体にいいことがあるのでしょうか?

 

今回は、そんなワインの驚くべき効果を5つ、論文を元にご紹介します。

今回ご紹介する論文は2011年ハワイ大学が発表した研究結果です。

この論文は今までに掲載された過去の論文を要約し、より正確な結果を導き出そうとした総説論文です。

それでは、ひとつづつ見ていきましょう。

1:抗酸化作用をもたらしてくれる

体内の活性酸素が増え過ぎると、体がサビる事になり、動脈硬化や肌の老化などを引き起こすと言われています。

その活性酸素を抑える働きを抗酸化作用と呼びますが、ワインにはこの抗酸化作用をもたらしてくれることがわかっています。

そしてその効果は、ポリフェノールがより多く含まれる赤ワインでより顕著な抗酸化作用が示されました。

さらにそのポリフェノールの仲間のレスベラトロールという物質が、体内の抗酸化作用をさらに高めてくれることがわかっているのです。

抗酸化作用が高まることで、動脈硬化や肌の老化を抑えることができ、体を酸によるサビから守ってくれる効果が期待できます。

2:血圧を下げてくれる

最近の研究では一日1〜3杯のワインを摂取すると最も血圧が下がることがわかってきました。

これは普段血圧が高い人が習慣的にワインを飲むことで高血圧の予防になりうることが示されています。

しかし、どんなものでも摂取しすぎは逆効です。

ワインを飲みすぎると、アルコールの多量摂取により逆に血圧を上昇させてしまうことが示されていますので、くれぐれもご注意ください。

3:中性脂肪・コレステロールを改善する

最近行われた大規模な解析では体内の中性脂肪やコレステロールの数値を改善したりまた悪化させたりする作用はないのではないかと言われております。

それでは効果なないのか?と思う方もいると思います。

実は先ほどお話しした抗酸化作用により、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化を防いでくれる効果はあります。

心臓病の人など、もともと持病を持っている人は、ワインを飲むことで血中の悪玉コレステロールと総コレステロールが減少したという研究結果もありまして、もしかしたら持病持ちの人にとってはコレステロールを減らすのに役立つのかもしれません。

4:血糖値を改善する

先ほどお話ししたポリフェノールの仲間のレスベラトロールには、血糖を下げてくれるホルモンのインスリンの働きを改善してくれる効果があることがわかっています。

そのため、ワインによって血糖値が改善することが示されています。

血糖値が高めの人は、インスリンを分泌する膵臓のベータ細胞が常に刺激されている状態です。

体内に取り込まれたレスベラトロールがインスリンの代わりに血中の糖分の処理を手伝ってくれるので、膵臓のベータ細胞が守られ、血糖コントロールが改善するというメカニズムが示されています。

5:心臓病のリスクを減らす

グラス1−3杯程度のワインは心臓病のリスクを大幅に減少させることが研究結果によってわかっています。

この研究結果を俗にフレンチパラドックスと呼びます。

フランス人は他国の人に比べ喫煙率が高く、飽和脂肪酸が豊富に含まれる食事をしているにもかかわらず、心臓病にかかることが他の国と比べ比較的少ないのです。これはワインを日常的に摂取しているためではないか、と言われておりこの事実を証明したのがフレンチパラドックスというものです。

まとめ

話をまとめますと、ワインの健康への効果は

 

  1. 抗酸化作用で動脈硬化や肌の老化を防止
  2. 高血圧の予防になる
  3. コレステロールの改善が期待できる
  4. 血糖値が落ち着きやすくなる
  5. 心臓病のリスクが減る

 

以上がワインの健康への効果5つです。

皆さんもこれを機会にワインを飲んでみてはいかがでしょうか?

しかし、くれぐれも飲み過ぎには気をつけてください。

【参考文献】

  1. A healthy indulgence? Wine consumers and the health benefits of wine
  2. Wine and Health: A Review

【監修医師】

  1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
  2. 小山翔平: 整形外科専門医