どうして近親相姦がダメなのか?【医学的に解説】

Medivery


近親相姦とは、近い親族関係にある者による性行為です。

近親相姦は人類の多くの文化で禁忌扱いされていますが、近親者間の性行為は異性間、同性間を問わず発生し、また大人と子供、子供同士、大人同士のいずれでも起きてしまっています

そんな禁断の性行為と言われる近親相姦がなぜいけないと言われているのでしょうか?

 

今回は、近親相姦が人間の生殖に及ぼす影響について科学論文を元にお話ししていきます。

 

  1. 遺伝的リスク
  2. 遺伝以外のリスク
  3. 近親相姦で障害が発生する理由
  4. 動物と人間
  5. まとめ

 

遺伝的リスク

近親相姦によって子供が生まれると、遺伝的リスクが高まるという話を聞いたことはありますか。

遺伝という知識があったかは不明ですが、古くはソクラテスが近親相姦によって子供をもうけた場合は子供の成長に悪影響があると論じており、ある研究では全身性のアルビノの発生率が、他人交配の場合は1/40,000の発生率になるところが、親子や兄妹の交配では1/780の発生率になると推定しています

 

また、2002年の論文 によれば、遺伝的な影響を受けるリスクは最も近い近親者同士による交配が原因で、元々の遺伝的リスクに加え全体で6.8%から11.2%の遺伝子異常の増加が推測できると言われています。

遺伝以外のリスク

実際に調査した結果においては、近親相姦の遺伝的影響以外からも子供に障害が発生する可能性があることが示されています。

1971年チェコスロバキアの調査において、親子兄弟姉妹間の交配で生まれた161人のうち、

 

  • 13人が1歳未満で死亡
  • 30人に先天的に身体的な異常
  • 40人に精神障害
  • 3人が聴覚障害
  • 3人がてんかん

 

を患っていたという報告がありました。

近親相姦で障害が発生する理由

それではどうして近親相姦で子供の障害が多く発生するのでしょうか?

 

この原因として考えられていることは、両親からもらう遺伝子の優劣が原因と言われています。

人間など生物における生殖は両親から遺伝子を受け継きますが、「近親婚で生まれた子供でない場合」は、ある潜性遺伝子がもし有害であった場合片方の親から潜性遺伝子をもらったとしても、もう片方の親の顕性遺伝子がそれを打ち消すため、本人に異常が出ることはありません。

(以前は顕性遺伝子を優性遺伝子、潜性遺伝子を劣性遺伝子と呼んでおりましたが、現在は顕性・潜性と称しております。

 

ところが「近親婚で生まれた子供の場合」同じ先祖を共有しているので、同一の種類の潜性遺伝子を両親がどちらも持っている可能性が高いため、潜性遺伝子が子供に受け継がれ、異常が発生する可能性が高くなると考えられています。

この潜性遺伝子の発現により発症する病気として、少し専門的になりますが例えば

 

  • PROP1関連複合下垂体ホルモン欠損症
  • 眼皮白皮症

 

などが知られていました。

動物と人間

そして興味深いことに人間を含む有性生殖を行う動物の多くは近親相姦を避けることが多いことが分かっています。

人間の場合はウェスターマーク効果といって近親相姦の嫌悪が人間の親族意識を基礎とした本能の一種であるという結果が示されています。

一方で、この親族認識に関しては否定的な意見もあり、ジェネティック・セクシュアル・アトラクションといい、近親者であっても生き別れの親族などでは普通に恋愛感情が湧くことが多いという指摘もあり、単純な医学や科学ではなく社会学や民俗学にも深く関わってくる問題なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は近親相姦がなぜダメなのかを医学論文を用いてお話ししました。

このブログでは様々な医学情報をお伝えし、みなさんの医学知識を増やすお手伝いをしています。

この記事がためになったなぁ!と思った方は、ブックマークをしていただけると大変嬉しいです!

また

 

「こんな内容を調べてほしい!」

「この病気について知りたい!」

 

というリクエストがある方はコメント欄にご連絡ください!

とても参考になります!

ありがとうございました!

【参考文献】

  1. Bennett, Robin L.; Motulsky, Arno G.; Bittles, Alan et al. (April 2002). “Genetic counseling and screening of consanguineous couples and their offspring: Recommendations of the National Society of Genetic Counselors” (PDF). Journal of Genetic Counseling 11 (2): 97-119
  2. アダム・ラザフォード『ゲノムが語る人類全史』垂水雄二 訳、文藝春秋、2017年(原著2016年)。
  3. 原田武『インセスト幻想 人類最後のタブー』人文書院、2001年

【監修医師】

  1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
  2. 小山翔平: 整形外科専門医