スマホで◯◯◯を使う人ほどセッ◯ス頻度が多い!?

Medivery


みなさんは異性をデートに誘ったりする際にスマートフォンで連絡を取りますよね?

特に出会いを求めている人は、今流行りのマッチングアプリを使って異性と交流を図っている人は多いと思います。

そしてどうにか気になる異性と出会うことができて、デートをする際に、みなさんは何か異性と仲よくなるためのテクニックをお持ちでしょうか?

 

今回は、とある研究から、スマートフォンの誰しもが使用することのできるある機能を使うだけで、デートを頻繁に重ねることができるようになり、またセックスに発展する確率が高くなるというデータを紹介します。

いったいスマートフォンのどんな機能を使っているのでしょうか?

見ていきましょう。

 

  1. インターネット上での円滑なコミュニケーションのために
  2. 絵文字や顔文字をよく使う人ほどセックスの頻度が高い
  3. まとめ

 

インターネット上での円滑なコミュニケーションのために

インターネットが交流の主流となりつつある現代では、パソコンのメールやスマートフォンのラインツイッターフェイスブックといったSNS、そして種々のマッチングアプリなど、インターネットを介したコミュニケーションは欠かせないものになっています。

お互いに顔を合わせた際のコミュニケーションでは、言葉以外のしぐさなどで相手の感情をくみ取ることもできますが、テキストを主体としたインターネット上のコミュニケーションでは“相手の感情をくみ取る”ということが難しいため、文字だけでは誤解マイナスの感情を与えてしまう可能性もあります。

 

そんなインターネット上の交流において、どのようなテクニックを使用すると相手にマイナスの感情を抱かせず、誤解を与えないようにできるのでしょう?

学術誌「プロスワン」2019年8月に掲載された論文で面白い報告がありました。

パートナーがいない成人を対象として詳細なアンケート調査を行った結果、「絵文字や顔文字をよく使う人ほどセックスの頻度が高い」という事実がわかりました。

絵文字や顔文字をよく使う人ほどセックスの頻度が高い

絵文字は 2011年AppleがiPhoneに導入して以来、急速に普及しています。

絵文字や顔文字によって、簡単に愛情や感情が表現でき、画面上の付き合いでも親密な関係を築くのに役立つと考えられました。

 

この研究では、彼氏/彼女配偶者がいない18~94歳アメリカの成人5,327人に対して調査を行いました。

その調査ではアンケート形式で

 

  • デートの相手に絵文字や顔文字を使うか使わないか
  • その後のデートの回数
  • セックスに発展したかどうか

 

などの関係が調べられました。

その調査結果を分析したところ、結論としましては

 

  • 絵文字をよく使う人ほど、セックスに移行する頻度が高い
  • 絵文字をよく使う人ほど、2回目以降のデートに発展する回数が多い

 

という事実がわかりました。

また、絵文字を使う動機として最も多かった回答は「テキストのメッセージをより魅力的にするため」53%でトップだったようです。

今回の研究では、

 

  • 具体的にどんな絵文字が使われていたか
  • 絵文字を受け取った人がどのように感じていたか

 

については調べられませんでした。

さらに、“絵文字とセックスとの間に関連はみられた”ものの、“因果関係が示されたわけではありません”ので、「絵文字の効果についてより理解するためには、今後のさらなる研究が必要である」と指摘されています。

 

ちなみにこの調査の中で、“セックスの回数・頻度に関する分析”にあたっては、これまでに全く性行為を行ったことがない、いわゆる童貞やバージンのデータは除外されていました。

そのため“性に積極的な男女が、さらなるセックスの手段として絵文字を使っている可能性”もあり、「ただ単純に絵文字を使えばセックスにつながる」という因果関係を調べるにはさらなる研究が必要そうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスマートフォンの絵文字機能を使う人ほどセックスの頻度が高いという興味深い研究結果をお話ししました。

まだまだ研究の余地はありますが、いずれにしても、現代のコミュニケーションツールの1つとして絵文字や顔文字をうまく使い、相手と良好な関係を築きたいですね。

 

このブログでは様々な科学情報をお伝えし、みなさんの科学知識を増やすお手伝いをしています。

この動画がためになったなぁ!と思った方は、チャンネル登録やベル通知をしていただけると大変嬉しいです!

また

 

「こんな内容を調べてほしい!」

「この病気について知りたい!」

 

というというリクエストがある方はコメント欄にご連絡いただけますと、とても嬉しいです!

ありがとうござました!

【参考文献】

  1. Gesselman AN, Ta VP, Garcia JR (2019) Worth a thousand interpersonal words: Emoji as affective signals for relationship-oriented digital communication. PLoS ONE 14(8): e0221297.

  1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji