カフェイン中毒の症状5選!!脳に結構ダメージを与える!?

Medivery


皆さん、コーヒーは好きですか?

また運転や仕事で疲れたときにエナジードリンクを飲みたくなりませんか?

今回はそんな飲み物などを中心に含まれるカフェインについて、

 

  • カフェインを過剰に摂取した時の「中毒症状」
  • カフェインが足りなくなった時に起こる「離脱症状」

 

など、カフェインによる有害な症状についてご説明しようと思います。

この症状が出ないように、カフェインの摂りすぎには注意してくださいね。

 

  1. 筋肉の痙攣
  2. 突発的な嘔気
  3. やまない頭痛
  4. 消化不良
  5. 睡眠不足
  6. 気分のムラ
  7. まとめ

 

筋肉の痙攣

筋肉の痙攣はカフェイン中毒の典型的な症状の1つです。

カフェインを摂取しないと身体中の大きな筋肉のけいれん制御不能な筋緊張が起こる人は注意が必要です。

しかし、実際には筋肉の痙攣は普段の

 

  • ストレス
  • 不安
  • 疲労

 

など、他の要因に該当するケースも多く、実際には「これがカフェイン不足によるもの」と判断することは少し難しいと言われています。

カフェインを全く摂取していないときに筋肉の痙攣が起こった際はカフェイン中毒による筋肉のけいれんの可能性が高いでしょう。

突発的な嘔気

突発的な嘔吐は一度だけでなく繰り返し起こる可能性のある症状です。

カフェイン中毒だけでなく他の多くの中毒症状でも肉体的に弱ったり、疲労感・頭痛によって気分的に嘔気を催す傾向にあり、それがひどくなると突発的に嘔吐してしまうと言われています。

またカフェイン中毒になると脳の中の吐き気を強くする部分が刺激されやすくなり、その結果繰り返す突発的な嘔吐を認めることがあります。

やまない頭痛

意外と知られていないのが、実は頭痛はカフェインが体内にたくさん溜まっているときに起こるのではなく、カフェイン中毒の人が長時間カフェインを摂取しなかった時に起こる「離脱症状」として現れるのです。

一般的に、カフェインの離脱症状として起きる頭痛は頭が締め付けられるような痛みをもたらすもので、痛みは軽度で痛みが出ている期間はそう長くないのですが人によっては起き上がれないほどの痛みを引き起こすこともあると言われています。

消化不良

消化不良は慢性のカフェイン中毒の場合に表れる症状です。

カフェインの刺激で胃酸過多となり、胃腸の粘膜に傷がついてキリキリとした痛みや吐き気を引き起こすことがあります。

特に空腹時にカフェインを摂ると痛みが出やすく、ひどいときは下痢を起こすこともあります。

睡眠不足

カフェインは眠気を抑制する効果がありますが、摂りすぎると不眠症を引き起こします。

眠気覚ましに丁度良いとされているのはコーヒー1~2杯程度のカフェインで、過剰に摂取すると中枢神経(脳と脊髄の神経)が活発になりすぎるため眠れなくなってしまいます

この症状も慢性的なカフェイン中毒にみられるものです。

気分のムラ

先ほど説明した頭痛とは反対に、気分のムラは中毒症状が進行している大きな指標になります。

喫煙者がタバコなしで長期間過ごした場合、気持ちが常に緊張していたり神経質になったりする傾向にあります。

実はこれがカフェイン中毒にも同じことが当てはまるのです。

特にカフェインの元々の作用に覚醒を促す効果があり、体内のカフェイン濃度の上昇に伴い興奮状態となり、その後カフェインが分解され体内の濃度が下がった際に反動として気分が落ち込むこともあります

カフェインに依存している場合、カフェインを摂取せずに長期間過ごすとこの反動が起きやすく、気分の変化が起きる可能性が高いと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はカフェインの中毒症状についてご説明しました。

体内に過剰にカフェインを摂取した場合の「中毒症状」や、カフェイン常用者の体内からカフェインがなくなった時に生じる「離脱症状」まで、様々な症状が出ることが分かりました。

現在では様々な方法でカフェインを楽しむことができます。

コーヒーにしろエナジー飲料にしろ、摂取のし過ぎには注意してくださいね。

 

今回の記事は以上となります。

このブログでは様々な医学情報をお伝えし、みなさんの医学知識を増やすお手伝いをしています。

この記事がためになったなぁ!と思った方は、ブックマークをしていただけると大変嬉しいです!

また

 

「こんな内容を調べてほしい!」

「この病気について知りたい!」

 

というというリクエストがある方はコメント欄にご連絡いただけますと、とてもうれしいです!

ありがとうござました!

【参考文献】

  1. American Psychiatric Association:Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Edition, DSM‒5. American Psychiatric Association, Washington, D. C., 2013
  2. ills L, Boakes RA, Colagiuri B. Placebo caffeine reduces withdrawal in abstinent coffee drinkers. Journal of Psychopharmacology. 2016 Apr;30(4):388-94.
  3. Health Check: why do I get a headache when I haven't had my coffee?
  4. https://theconversation.com/health-check-why-do-i-get-a-headache-when-i-havent-had-my-coffee-100163
  5. Juliano LM, Griffiths RR. A critical review of caffeine withdrawal: empirical validation of symptoms and signs, incidence, severity, and associated features. Psychopharmacology. 2004 Oct 1;176(1):1-29.

【監修医師】

  1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
  2. 小山翔平: 整形外科専門医