2021年11月の記事一覧

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選の画像

劇的に死亡リスクを下げ、血流を良くする習慣

私たちの身体全身を絶えず巡っている血液。この血液は生活に必要な栄養や酸素を運んだり、不要となった老廃物などを回収する重要な役割をになっているのはご存知ですよね。これを血流と言います。しかしながらこの血流は目に見えないところで行われているため、正常に行われているのか、あるいは何かしらのトラブルが発生しているかは血液検査で調べるしか方法がありません。血流が悪くなる、とは一般的に血液がドロドロの状態と表現されることも多いのですが、健康な血液というのはサラサラの状態であり、健康のためにも血液をサラサラの状態で維持することが求められます。

【要注意】喘息って突然くる場合もあります

【要注意】喘息って突然くる場合もありますの画像

【要注意】喘息って突然くる場合もあります

風邪が治ったはずなのに、咳が長引いているということはありませんか?
喘息は、気管支などの空気の通り道が炎症などによって狭くなる病気です。夜中や明け方にヒューヒュー、ゼーゼーと笛が鳴るような呼吸の音とともに激しく咳き込みます。喘息の「喘」はハアハアと喘ぐこと、「息」は息をすることで「喘息」とは「喘ぎながら息をすること」をいいます。

【今すぐ断ちたい】知らず知らずやっている太りやすくなるメカニズムとは?

【今すぐ断ちたい】知らず知らずやっている太りやすくなるメカニズムとは?の画像

【今すぐ断ちたい】知らず知らずやっている太りやすくなるメカニズムとは?

現代人の肥満は、「食べ過ぎ、運動不足」に加え、「食べ方の異常、遺伝的体質、ジャンクフードの摂取、人工甘味料や添加物の摂取」など、様々な原因が考えられます。そこで今回は、体が太る仕組みと痩せる仕組みについて、基本的なメカニズムをお伝えします。

『放置厳禁』知らないと後悔する下痢の正体とは?

『放置厳禁』知らないと後悔する下痢の正体とは?の画像

『放置厳禁』知らないと後悔する下痢の正体とは?

個人差があるので一般論として捉えていただければと思いますが、人が健康な状態で排出するバナナ上の便には、およそ70%の水分が含まれています。対して下痢状態では、水分が80%以上の泥状便(でいじょうべん)、または水分が90%以上の水様便(すいようべん)が短時間で頻繁に登場してきます。
文字にしてみるとわかりにくくなってしまいますが、ほとんどの方が人生で少なくとも一度は経験したことがあると思いますので、視覚的なイメージはしっかりと共有できているかと思います。

なぜ体脂肪が出来るのか?【医師監修でわかりやすく解説】

なぜ体脂肪が出来るのか?【医師監修でわかりやすく解説】の画像

なぜ体脂肪が出来るのか?【医師監修でわかりやすく解説】

世間一般的に、体脂肪という言葉自体に対するイメージはいいものではありません。特に人の体脂肪は存在そのものが悪のような扱いを受けていますが、世界中の人が愛してやまない「WAGYU」の美味しさには牛の体脂肪に関係してますし、マグロなどの魚なども同様であるのに、なぜ人の体脂肪はよく思われないのでしょうか。それは体脂肪が増えることが健康を妨げる大きな原因になるという明らかな事実が共通認識として広まってきたからです。

絶対に知っておきたい肺がんの初期症状9選

絶対に知っておきたい肺がんの初期症状9選の画像

絶対に知っておきたい肺がんの初期症状9選

肺は、呼吸することで肺に吸い込まれた空気をガス交換する臓器です。口や鼻から吸った空気は気管、さらに気管支を通って肺に入ります。さらに気管支が分岐を繰り返して肺胞という小さな袋に入り、血液中の二酸化炭素と空気中の酸素を交換します。肺がんは肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が何らかの原因でがん化したもので、進行するにつれてまわりの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れにのって広がっていきます。肺がんは、喫煙との関係が非常に深いがんですが、タバコを吸わない人でも発症することがあります。

【要注意】外耳炎になる原因の多くは耳掃除です

【要注意】外耳炎になる原因の多くは耳掃除ですの画像

【要注意】外耳炎になる原因の多くは耳掃除です

外耳炎とは、耳の穴と鼓膜までの間に炎症が発生する病気で、リモートワークが増えた関係などで、多くの方が今まで以上にイヤホンなどを使用するようになったことで、そのリスクが高まってきています。外耳炎は誰にでも起こり得る身近な耳の病気で、ひどい場合には日常生活を送ることすら困難な状態になる可能性がある病です。ですが、基本的な症状や治療法を知って、初期対応を誤らなければそこまで怖い病気ではありませんので、今回は外耳炎の正しい知識と対処方法についてご紹介していきます。

ガン検診は、絶対に受けましょう!費用はいくら?何をするの?

ガン検診は、絶対に受けましょう!費用はいくら?何をするの?の画像

ガン検診は、絶対に受けましょう!費用はいくら?何をするの?

毎年、会社の健康診断で生活習慣病の検査は受けているのに、がん検診は一度も受けたことがない…そういった人は多いのではないでしょうか。日本人の死亡原因のトップは、「がん」です。日本人は生涯のうちに2人に1人はがんにかかるといわれていますが、日本におけるがん検診の受診率は20~30%と言われています。これは先進国の中でも極めて低く、検診率はなかなか上がらないというのが現状です。

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説の画像

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説

人間の脳は周りを頭蓋骨に囲まれて外の力から保護されています。この頭蓋骨と脳の間は3種類の膜で覆われています。外から順番に硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれています。くも膜と軟膜のすき間は、別名くも膜下腔と呼ばれていまして、この隙間は脳脊髄液という脳を保護する役割を持つ液体で満たされ、脳動脈や脳静脈が存在しています。くも膜下出血とは、このくも膜下腔に出血を起こした状態を指します。

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?の画像

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?

脳は、人のからだ全体をコントロールしている、とても大切なところです。呼吸や睡眠といった意識していない活動から、学ぶ、運動するといった高度な活動まで、人間のあらゆる活動をコントロールしています。認知症は、脳の細胞がさまざまな原因で減少したり、働きが悪くなったりすることによって、記憶や判断力の障害などが起こった状態です。認知症になると、ごはんを食べたことを覚えていない、自分のいる場所がどこなのかわからない、できたはずのことができなくなるなどの症状が出てきます。

【放置厳禁】見落とされがちな自律神経失調症の症状17選

【放置厳禁】見落とされがちな自律神経失調症の症状17選の画像

【放置厳禁】見落とされがちな自律神経失調症の症状17選

私たちの腕や足は「動かそう!」と意識したら動かせますよね。しかし、「腸を動かそう!」と思っても動かせません。腸は勝手に自動的に活動してくれています。
このように体の中を自動的に動かしてくれる神経を「自律神経」といいますが、この自律神経の調子が悪くなることで色々な症状が出てしまいます。
この病気を「自律神経失調症」といいます。