2021年12月の記事一覧

【空腹こそ最強のクスリ】16時間断食の注意点3選 【オートファジーダイエット】

【空腹こそ最強のクスリ】16時間断食の注意点3選 【オートファジーダイエット】の画像

【空腹こそ最強のクスリ】16時間断食の注意点3選 【オートファジーダイエット】

最近、巷で話題のダイエット法として、ネットやテレビのワイドショーなどで、ファスティングダイエットや断食ダイエットが取り上げられているのを目にする機会も多くなっているのではないでしょうか。その影響を受け、早速ダイエットを始めようと考え、ネットで断食ダイエットを検索すると、8時間の間に全ての食事を済ませ、残りの16時間は何も食べないという方法で行う、16時間断食ダイエットに出くわす方も多いと思います。16時間断食では、細胞の新陳代謝と有害物質の除去を司るオートファジーを働かせることができ、効率的かつ健康的にダイエットと体のリフレッシュを実践することができ、非常にオススメのダイエット法として、ネットなどの巷で広く紹介されています。

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選の画像

【意外と知らない】コラーゲンサプリってそもそも効果あるの?【医師監修】

コラーゲンサプリメントの是非の前に、曖昧になりがちなコラーゲンについておさらいしていきましょう。「コラーゲン=美容・美肌にいい何らかの物質」という認識を持たれがちなコラーゲンですが、そもそもは私たちの体を形成するのに使われているタンパク質の一種です。アミノ酸で構成されているコラーゲンは、体内のタンパク質のうちやく30%もの比率を締めていて、具体的には
目、皮膚、爪、腱、じん帯、骨、軟骨、血管壁など様々な臓器を形成している細胞の外側にあって、繊維や膜という構造として存在しています。

99%の医者が救急車を呼ぶ状況を年代別に解説【子供、成人、高齢者】

99%の医者が救急車を呼ぶ状況を年代別に解説【子供、成人、高齢者】の画像

99%の医者が救急車を呼ぶ状況を年代別に解説【子供、成人、高齢者】

簡単な怪我から重篤な病気までありとあらゆる病気を適切な医療機関へ搬送するのが救急車の役割です。「こんな怪我や病気で本当に救急車を呼んでもいいのかな」と思ってしまう人は意外と多いはずです。大きな病気であればすぐに救急車を呼ぶ必要がありますが、軽微な怪我などの場合は救急車を呼ぶほどではないことも言われています。そこで今回は救急車を適切に呼ぶためのヒントをお伝えします。

【医師監修】超簡単!体内年齢が若返る飲み物とは?【〇〇を混ぜます】

【医師監修】超簡単!体内年齢が若返る飲み物とは?【〇〇を混ぜます】の画像

【医師監修】超簡単!体内年齢が若返る飲み物とは?【〇〇を混ぜます】

みなさん、きな粉にはどんな印象がありますか?最近でこそチョコや和菓子にきな粉が使われているのもよく目にしますが、お正月のお餅くらいにしか摂る機会がないなんて人もいるかと思います。きな粉は大豆を煎(い)って挽(ひ)いて、粉にしたものです。黄色いから元々は「黄(き)なる粉」と呼ばれていたけど、今は「黄な粉」と呼ばれるようになりました。大豆には青大豆や黒大豆もありますが、これらから作られているものもまとめて「きな粉」と呼ばれています。大豆はたんぱく質が豊富なことから、「畑のお肉」とも呼ばれることもあります。

【口内炎の5つの原因】早く治すためには?ビタミンは何を取ればいいの?

【口内炎の5つの原因】早く治すためには?ビタミンは何を取ればいいの?の画像

【口内炎の5つの原因】早く治すためには?ビタミンは何を取ればいいの?

「口内炎」は、口の中やその周辺の粘膜に炎症がおこることです。頬や唇の裏の粘膜、のど、舌など、口内のあらゆる粘膜にでき、 痛みや不快感があります。ひとつだけでなく、いくつもできたり、長引く場合もあります。口は、食事や呼吸、会話などで外部に接するので、ほこりや細菌、ウイルスなどの影響を受けやすく、口内炎を引き起こす原因もあらわれる症状もさまざまです。

【金属アレルギー】症状や検査、自己対処方法、病院での治療法を紹介!【医師監修】

【金属アレルギー】症状や検査、自己対処方法、病院での治療法を紹介!【医師監修】の画像

【金属アレルギー】症状や検査、自己対処方法、病院での治療法を紹介!【医師監修】

金属アレルギーは、その名の通り金属に触れたりすることが原因となって皮膚などがただれたりする病気です。ピアスやイヤリング、ネックレスといった普段から身につけるアクセサリーですが、着用した際に汗をかくことで金属部分が溶けてイオン化して、皮膚のタンパク質と化学反応を起こして別のタンパク質に変容してしまいます。このタンパク質を体が異物と判断することで、アレルギー症状を引き起こす。これが金属アレルギーです。

知ると10倍得する免疫力の仕組み【キラーT細胞、ヘルパーT細胞】

知ると10倍得する免疫力の仕組み【キラーT細胞、ヘルパーT細胞】の画像

知ると10倍得する免疫力の仕組み【キラーT細胞、ヘルパーT細胞】

我々の体が何らかしらの病原体に感染した場合、自らの体に備わっている免疫機能によりその病原体をやっつける仕組みが備わっています。それが「免疫」です。免疫とは、”外部から侵入する細菌やウイルスなどの異物”のほか、”死んだ細胞や老廃物、がん細胞などといった体内で発生する異物”の除去を行うシステムです。免疫が対応しなくてはならない異物は数限りないため、どんな異物が来ても対抗できるよう、自然免疫と獲得免疫という2段構えで体を守っています。

【知って安心】気管支炎にならないための予防方法を解説【医師監修】

【知って安心】気管支炎にならないための予防方法を解説【医師監修】の画像

【知って安心】気管支炎にならないための予防方法を解説【医師監修】

冬場は空気も乾燥しやすく、人によっては毎年同じ時期に咳が出ることもありますよね。ただ、いつもはすぐ咳がおさまるのに今年はなぜか長引いてるということはありませんか?気管支炎とは、呼吸した空気が必ず通る”気管支”という場所にばい菌などが感染したり、大気汚染などの原因物質により粘膜に炎症が発生し、咳や痰が出るようになる病気のことです。

【放置厳禁】子供の発熱の症状6選

【放置厳禁】子供の発熱の症状6選の画像

【放置厳禁】子供の発熱の症状6選

子どもの体温は大人よりも高いため、「37.5度以上か、普段の平熱よりも1度以上体温が高い場合」に発熱していると考えましょう。また、子供は免疫力が低いので、風邪を引きやすく、よく発熱しますが、発熱以外の症状が現れていないかどうかが重要です。明らかな症状がなくても、お父さん・お母さんから見て普段とどこか様子が違う、普段よりも元気がない、などの漠然とした印象でも構いません。

麻酔が効く仕組みを医師監修アニメーションで解説

麻酔が効く仕組みを医師監修アニメーションで解説の画像

麻酔が効く仕組みを医師監修アニメーションで解説

現代医学において、「これがないと成り立たない」と言ってもいいもの、それが何かわかりますか?それは、麻酔です。高度な手術など、現代医学を実現可能にしたのは全身麻酔だと言っても過言ではないでしょう。ところが、200年近く全身麻酔を行ってきたにも関わらず、私達医師ですら脳の機能を一時的にシャットダウンするその麻酔の仕組みは、実はよくわかっていないと知ったら皆さんは驚かれるでしょう。この記事では、そんな麻酔が効く仕組みについてお伝えします。

内臓脂肪をラクに落とす食べ方のコツを解説【医師監修】

内臓脂肪をラクに落とす食べ方のコツを解説【医師監修】の画像

内臓脂肪をラクに落とす食べ方のコツを解説【医師監修】

「お腹に脂肪がつく」というと、油っぽい食事をイメージする人が多いと思いますが、じつは脂質よりも気をつけたいのが、糖質のとり過ぎです。日本人の多くの方は主食として、米やパンなどを摂取する機会が多いのですが、日本人の全年代が糖質を過剰摂取しています。もちろん脂質のとり過ぎも体に脂肪がたまる原因になるのですが、それよりも問題なのは『糖質』のとり過ぎです。脂肪の原料は脂質と糖質で、じつは糖質のほうが脂肪になりやすいのです。

【今すぐ実践】便秘を解消する効果的な方法6選

【今すぐ実践】便秘を解消する効果的な方法6選の画像

【今すぐ実践】便秘を解消する効果的な方法6選

人がどうして便秘になるのか知っていますか?便秘で苦しむ方は多いですが、メカニズムを知っておくことで改善に一歩近づけるかもしれません。便秘が続くと腸内の悪玉菌が増えてガスが発生し、お腹の張り・痔などによって、不眠になったりイライラしたり、肌荒れといった症状も出てきてしまいます。