【ほうれい線】”指で押すだけで改善”の罠!

Medivery


 

  1. ほうれい線について
  2. ほうれい線の最新の研究
  3. ほうれい線を消すには?
  4. ほうれい線のさらなる治療
  5. ヒアルロン酸注射の副作用

 

ほうれい線について

ほうれい線をなくすためにはマッサージをするといいと言われており、Youtubeでも様々な方法が紹介されています。

しかしそれは果たして本当なのでしょうか?

 

「寝っ転がって上を向いて鏡で見た顔は20年前の自分の顔」

「椅子に座ってうつむいて鏡で見た顔は20年後の自分の顔」

 

このような話を聞いたことはありますか?

皮膚のたるみは重力に影響を受けます。

ほうれい線はシワと思われがちですが、実はたるみが原因です。

ほうれい線の一番の原因は顔の筋肉の衰えです。

手足などの筋肉に比べ、顔の筋肉は3割ほどしか動かしていません。

しかも顔の筋肉は細く皮膚と繋がっているので、すぐに顔の形に現れやすいとされています。

その上、真皮という皮膚の一部が加齢や紫外線などの影響で衰えてくると、皮膚の下の脂肪を支えきれなくなってしまいます。

さらに、頬の皮下脂肪が増えると、皮膚自体のハリやコシが衰え、弾力がなくなります。

これらの現象が相まってほうれい線が出来上がるのです。

 

ちなみに「ほうれい線」1つの種類の線ではなく

  • ゴルゴライン:いわゆる目頭から鼻にかけての「ハ」の字の線
  • マリオネットライン:口の横から下にかけて腹話術のお人形のような線
  • ブルドックライン:フェイスラインとも言われる、いわゆる二重顎の線

の3種類の線を総称してほうれい線とよんでいます。

ほうれい線の最新の研究

米国アトランタの美容外科医Foad Nahai博士らの研究によると、女性の口元のほうれい線は男性よりも深くなりやすいことが示されました。

その理由は、以下の通りです。

 

  1. 女性は男性に比べて口周りの汗腺や血管の数が少なく、血液の流れが悪い。
  2. 女性の口元の筋肉は男性より皮膚表面近くにあるため、皮膚が引っ張られてシワを作りやすい。
  1. 毛嚢の数に男女差はないが、女性の場合は毛嚢に対して汗腺数が少なく乾燥し
    やすい。つまり、女性の方が口元が乾燥しがちで、皮膚と筋肉との間の結合組織が薄いためほうれい線が深くなりやすいということが分かったのです。
    女性が男性に比べてシワに敏感なのは、美意識の高さの影響だけではなく、もともと肌がシワになりやすいという体の構造の違いも関係しているのかもしれません。

ほうれい線を消すには?

ほうれい線は一度形成されてしまうと元に戻りにくいため、目立ってきてから慌てて消そうとしてもすぐに消えてはくれません。

ケアをしないでいるとほうれい線は深くなり、腹話術のお人形さんのような口元になってしまうこともあります。

一番怖いのは“実年齢よりもはるかに老けた印象でみられてしまう”ことで、これはできれば避けたいですよね…!

少しでも頬のたるみを減らすために、リンパマッサージで老廃物を積極的に洗い流しましょう。

 

では、ほうれい線を撃退するリンパマッサージの方法をお伝えします!

  1. 両手の人差し指・中指・薬指の3本に乳液やクリームをとり、口とあごの間に置く。
  2. 口角、ほうれい線、頬骨の順に指をゆっくり滑らせる。
  3. 鎖骨をなぞるようにこめかみまで指を移動する。
  4. そのまま耳から鎖骨までゆっくり滑らせる。

このマッサージをお風呂で入浴中しながら行うだけでもほうれい線を予防できるといわれています。

ほうれい線のさらなる治療

しかしこのマッサージだけでは効果は絶対とは言えません。

その効果を高めるために“医療機関でのほうれい線の治療”もあるのです。

医療機関で治療することで、ある程度の即効性と確実性が約束されます。

 

例えば代表的な治療にヒアルロン酸注射があります。

ヒアルロン酸注入による「プチシワ取り」は注射でシワを治療するプチ整形です。

ヒアルロン酸を皮膚の一部である“真皮”の内側に注射することで、中から肌が持ち上げられシワやほうれい線を改善します。

注入した箇所はお肌がふっくらとボリュームアップし、見た目の変化をその場で実感できます。

治療時間はわずか5~10分程度と非常に短いです。

気になる部分へダイレクトにヒアルロン酸を注入することでシワが改善され、治療後すぐに変化が分かるので満足度の高い治療法と言われています。

 

ちなみに、ヒアルロン酸注射は非常に安全性の高い治療とされており、世界中で一般的に行われている治療ですが、医療行為ですので100%安全というわけにはいきません。

ヒアルロン酸注入を行った患者が細胞壊死や失明といった症状を起こしてしまった事例もあります。

ここではそんなヒアルロン酸注射の副作用についてお話しします。

ヒアルロン酸注射の副作用

1: 重大な副作用:血管閉塞

ヒアルロン酸注射の副作用で最も重要、かつ重篤な副作用は血管の閉塞です。

ヒアルロン酸が血管内に注入されてしまい、その血管やその血管と繋がっている先の血管までヒアルロン酸で閉塞されてしまうと、その血管が通っている部位が潰瘍、壊死を起こします。

そのため目の周囲のシワをとるために目の近くに注射した場合、目に行く血管が閉塞してしまうことで失明することもあるといわれています。

 

「そんなこと、聞いたことないよ!」

 

と思うかもしれませんが、実はヒアルロン酸注入によって世界で50例ほど失明の報告があります。

人間の血管の走行には個性あり、人それぞれ走っている場所が違います。

大学時代から解剖学を勉強し、医者になってからも実践的に解剖を熟知するようになっても、その個人差の影響で注射した時に血管を閉塞させることがあるのです。

特に失明の原因となりやすい注射部位は眉間、上眼瞼内側付近に集中しており、“その周辺の注射は避ける”、もしくは“カニュラという器具を用いて注入する”など、注射を工夫することで失明を予防することができるといわれています。

また、「もしかしたら血管を閉塞させてしまったかもしれない…!」という場合も、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を溶かす薬を即座に注射することで治療することもできます。

基本的にヒアルロン酸の注射は安心して行えますので、心配しすぎないようにしてください。

2: 稀におこる副作用:感染
ほとんど発生することはないのですが、注入したヒアルロン酸周囲にばい菌が侵入しバイオフィルムというばい菌の膜が形成されることで感染が悪化することがあります。

特に

 

  • 重度糖尿病の方
  • 免疫抑制剤内服中の方
  • 重度の虫歯、副鼻腔炎、慢性扁桃腺炎などの慢性病巣感染がある方
  • 顔に囊胞、化膿したニキビが多数ある場合HIV感染症など免疫が低下している方

 

は注意が必要です。
このような方々がヒアルロンを大量に注入した場合ばい菌の感染からバイオフィルム形成が生じやすいといわれています。
感染が起こった場合は、先ほど出てきたヒアルロニダーゼを即座に使用してヒアルロン酸を溶かし、さらに抗生剤を使ってばい菌の治療を行います。

 

3: 稀におこる副作用:アレルギー反応

アレルギーによる副作用も起こるといわれています。

気を付けてヒアルロン酸を使用している限りほとんど生じないといわれていますが、ヒアルロン注射に対するアレルギー反応が僅かながら報告されています。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分のため、ヒアルロン酸自体に対するアレルギーは考えづらく、ヒアルロン酸注射を作る際に含まれる添加物に対するアレルギーが考えられています。

“純粋なヒアルロン酸に対するアレルギー反応”が起こることはほとんどないと考えられますので、それほど心配はいらないと思うのですが、もしどうしても心配な場合は腕などに微量のヒアルロン酸を注入してもらいアレルギー反応が起こらないかチェックする方法もあります。

大事な顔に注射する前に、万が一の時も服で隠すことができる腕などで問題がないかを確認してもらうことができます

 

4: 比較的よくある副作用:左右非対称

左右に同量のヒアルロン酸を注入したとしてもわずかに左右で差が生じることはよくあります。

注射後に気になる場合は担当してくれた美容皮膚科、美容整形外科の先生に相談してみてください。

 

5: その他の軽度な副作用:紅斑、疼痛、硬結、内出血、浮腫、小結節、掻痒

これらは一般的な皮膚トラブルにはなります。

ヒアルロン酸注入に伴って一定の頻度で発生する症状ですが、通常は2週間程度で消失しますので、大きな問題になることはありません。

万が一、副作用が起こった場合もマスクやコンシーラで隠せることが多く、大抵は翌日から普通通り仕事に行くことができます。

しかし、注入後すぐに写真撮影・会合・パーティなどのイベントがある場合は可能な限りリスクを避ける必要がありますので、イベントの2週間ほど前にヒアルロン酸注射を受けることをお勧めします。

【参考文献】

  1. Aesthetic Surgery Journal ,2009
  2. シミ・シワの治療―外用薬や光治療による実際
  3. 前額部・眉間の深いしわはボツリヌストキシン,フィラーなどの注射療法でどこまでとれるか,前頭リフトの適応をどのように考えるか : 注射と手術の適応について

【監修医師】

  1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
  2. 小山翔平 (Shohei Oyama): 整形外科専門医, おやま整形外科クリニック院長 《Web》https://oyama-seikei.gassankai.com/

美容に関連する記事

絶対に知っておくべきフィッシュオイルの適切な摂り方

絶対に知っておくべきフィッシュオイルの適切な摂り方の画像

絶対に知っておくべきフィッシュオイルの適切な摂り方

フィッシュオイル(魚油)サプリは年間売上12億ドル(約1,430億円)の巨大市場ですが、たいして効き目がないことが最近の研究でわかってきました。フィッシュオイルの副作用として鼻血や下痢の症状が数多く出る事が知られている一方、フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸で血液がサラサラになり動脈硬化、脳卒中、心臓病、さらに認知症のリスクが減るという情報もあり、日々フィッシュオイルのサプリを一生懸命飲んでる人も多いと思います。

白髪は予防できる!?気になるその原因と対処法

白髪は予防できる!?気になるその原因と対処法の画像

白髪は予防できる!?気になるその原因と対処法

髪の毛の中に白髪(しらが)が一本でもあると、とても老けた印象になってしまいます。白髪が生えてきたら「抜く」「染める」などの対策方法がありますが、一時的に解決はしても、また次々と白髪が生えてきてしまいます。特に「抜く」という行為は毛根そのものを傷つけることにもなり、次に生えてくる毛髪にも影響するので医学的にはお勧めができません。その場しのぎの対策ではなく、まずは白髪が生えにくい頭皮環境に改善することが重要と言われています。白髪を「年齢のせいだから」「遺伝や体質だから」とあきらめてはいけません。きちんと原因と対策を知れば、改善できる可能性があります。

【検証】香水をつけたらモテるは本当か?

【検証】香水をつけたらモテるは本当か?の画像

【検証】香水をつけたらモテるは本当か?

見た目はフツーでお世辞にも美人とは言えないのになぜかモテる人っていますよね。トークの上手さや面白さ、男性との接し方が上手な女性もいますが、なかには大人しくて静かなタイプなのになぜか男性からお誘いのかかる女もいます。そんな人は異性から潜在的に好かれるフェロモン成分を、知らず知らずのうちに放っているのかもしれません…