【神秘】おっぱいの揺れを真剣に研究した結果、、、

Medivery


みなさん、おっぱいは好きですか?

 

男性にとって、揺れるおっぱいにはロマンが詰まっています。

ところが女性にとっては、バストのボリュームがあればあるほど、運動中の“胸の揺れ”が気になるといいます。

なんといっても「揺れ」は“おっぱいが垂れる最大の敵“と言われているからです。


「いったいどのくらい揺れているの?」

「ノーブラのときとブラジャーをしているときでは揺れがぜんぜん違うの?」

 

など、男性も女性も、皆おっぱいの揺れに疑問を抱くと思います。

今回は“ブラジャーをしているときとしていないときの運動中の胸の揺れ”を研究した論文をご紹介します。

 

  1. バストの揺れに着目した論文の目的
  2. バストの揺れに着目した論文の内容
  3. バストの揺れに着目した論文の結果
  4. まとめ

 

バストの揺れに着目した論文の目的

今回ご紹介する論文は

 

「ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性」

 

というタイトルです。

少し難しい印象ですが、要は“ブラジャーをしているときとしていないときの、おっぱいの揺れについて研究したもの”です。

 

おっぱいの大きい女性は少し走っただけで胸がボインボインと動くのを実感していることと思います。

 バストをしっかりホールドしてくれるブラジャーをしているときはまだしも、ホールド力の弱いブラジャーのときは手でバストが揺れないように抑えつつ走る……なんてこともあるかもしれません。

 

そんな胸の揺れに着目したこの論文、実はブラジャーのデザイン・設計のために行われた研究でした。

胸の揺れを研究することで、揺れが原因によるブラジャーの着崩れ、着心地などの問題を解決、デザイン性だけでなく運動機能性のよいブラジャーの設計・技術開発に貢献することが目的とされています。

なんて素晴らしい研究! と叫ばずにはいられません。

こうやって研究をしてくださる方がいるからこそ、みんなのおっぱいは守られるのです。

バストの揺れに着目した論文の内容

この研究は日本で行われ、それに当たりまず実験が行われました。

22歳~25歳BMIが正常範囲成人女性7名を対象としています

おっぱいのサイズはカップ数ではなく、乳房体積で測定しました。

その測定結果に基づいて、被験者のサイズに合った“カップ部が半透明”のブラジャーを用意します。

そしてカップ内の乳房に15個のマークをつけました。

このマークを追跡することで運動中の乳房の動きを測定できるのです。

そして

 

  • 衣類の圧力
  • 乳房の硬さ
  • ブラジャー着用時と非着用時の走行中と歩行中の乳房の動き

 

などを計測しました。 

バストの揺れに着目した論文の結果

その計測結果から以下のデータが判明しました。

 

  • おっぱいの動きは歩いているときよりも走っているときのほうが縦に大きく動く
  • ブラジャーをつけていない時は垂直方向の振り幅が大きく、体幹部の運動の影響を強く受けている
  • ブラジャーをつけていない時のおっぱいの揺れはそのおっぱいの硬さと関係しており、柔らかい胸のほうが硬い胸よりもよく揺れる
  • ブラジャー着用時のおっぱいは硬いおっぱいの特徴に似ている

 

つまり、ブラジャーを着用することで柔らかいおっぱいの方でも固いおっぱいに近づけられるため、より揺れにくくなるということが実験的に証明されたのです。

皆さんも何となく想像がついたのではないでしょうか?

 

ここでみなさんに注目してもらいたい点は

 

「柔らかい乳房が硬い乳房より揺れが大きかった」

 

というところです。

そもそもおっぱいに“柔らかい・硬い”という区別があることはあまり知られていませんよね?

“水パイ”なる言葉がありますが、実際におっぱいが人によって柔らかいか固いかというのは、実験で計測し数値化することができます。

こうなると、“自分のおっぱいは柔らかいほうなのか、硬いほうなのか…”と気になってしまう方もいると思います。

正直に申し上げて、「あそこに行けばすぐに測定してくれて、おっぱいが固いか柔らかいか判断してくれるよ!」なんてことはお伝え出来ませんが、ランジェリーショップに行けば相談にのってくれると思います。

 

そしてこの動画の本題になりますが、おっぱいの大きい女性は運動するだけで胸が揺れて痛みが出てしまいます

その痛みもおっぱいが硬ければ多少はマシになるかもしれません。

適切なブラジャーを付けることでおっぱいを疑似的に硬いものとし、揺れを抑えられることが実験的に証明されました

そのよう揺れを抑えることで、痛みも抑えることが可能です。

 

これまで歩行中や運動中におっぱいの痛みを感じたことのある人・悩みを持っている人は、是非ランジェリーショップで相談し自分に合ったブラジャーを選んでください。

特に、巨乳でおっぱいが柔らかい女性は一番ダメージが大きいと考えられますので、自分のブラジャーを見直してみてください。

 

また、そんなうらやましい彼女を持つ男性は、その彼女の大切なバストを守るためにも、よい下着をプレゼントしてみてください。

バストが守られるだけでなく、夜の活動も盛んになるかもしれません!

まとめ

今回は、おっぱいの揺れに関して真面目に研究をした論文をご紹介しました。

研究にあたって、おっぱいのサイズを計測したり、被験者の歩行訓練・走行訓練をしたりと、実験を行うだけでかなりの準備が必要だったと思います。

論文を読んだだけではわからない、現場の細かい準備もあったと思います。

 

このように研究してくださる方がいるおかげで、着心地のいいブラジャーが次々と開発されるのですね。

今後も研究が進むにつれてデザイン性も機能性も抜群の素晴らしいブラジャーが世にでてくることでしょう!

 

このブログでは様々な科学情報をお伝えし、みなさんの科学知識を増やすお手伝いをしています。

この記事がためになったなぁ!と思った方は、ブックマークをしていただけると大変嬉しいです!

また

 

「こんな内容を調べてほしい!」

「この病気について知りたい!」

 

というというリクエストがある方はコメント欄にご連絡いただけますと、とても嬉しいです!

ありがとうござました!

【参考文献】

  1. ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性 日本家政学会誌Vol. 54 (2003) No. 9 P 731-738

【監修医師】

  1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji

♡H♡に関連する記事

どうして近親相姦がダメなのか?【医学的に解説】

どうして近親相姦がダメなのか?【医学的に解説】の画像

どうして近親相姦がダメなのか?【医学的に解説】

近親相姦とは、近い親族関係にある者による性行為です。近親相姦は人類の多くの文化で禁忌扱いされていますが、近親者間の性行為は異性間、同性間を問わず発生し、また大人と子供、子供同士、大人同士のいずれでも起こります。そんな禁断の性行為と言われる近親相姦がなぜいけないと言われているのでしょうか?

【神秘】女性がMRIで〇〇する画期的な科学実験

【神秘】女性がMRIで〇〇する画期的な科学実験の画像

【神秘】女性がMRIで〇〇する画期的な科学実験

“女性のオーガズム”これほど神秘的な現象って、なかなか思い当たるものはないと思います。今回は、そんな“女性のオーガズム”のメカニズムを解明する、画期的な研究をご紹介します。具体的に申し上げますと、5人の女性がMRIの中でオナニーをしてイった話です…

痴漢をする人間はどんな人間なのか?

痴漢をする人間はどんな人間なのか?の画像

痴漢をする人間はどんな人間なのか?

「隣の車両のあの子可愛い。」と思った事がある男性は多いと思います。思うだけだったらいいけど、衝動を抑えきれずにちょっかいを出してしまう。そう、それが痴漢です。通勤や通学に電車を利用する女性で痴漢に遭ったことのある人は多いでしょう。近年では男性が被害に遭うケースもあるようです。痴漢は性犯罪であり許されるものではありませんが、すし詰め状態の混雑した中では犯人の特定が難しく、冤罪(えんざい)の問題も指摘されています…