うわっ・・・私の性交渉、多すぎ・・・?

Medivery


みなさん、セックスは好きですか?

「お医者さん、看護師さんはみんなセックスが大好き」なんていう都市伝説もありますし、暇さえあればあらゆる方と性交渉をもってしまうとかなんとか…。

あくまでウワサですけどね(笑)

そんなお医者さん、看護師さんも大好きな性交渉にまつわる迷信、皆さんいくつご存知ですか?

今回は、そんな性交渉にまつわる都市伝説の中から

 

  1. 性交渉が多いと病気になる?
  2. 若者は性交渉をしなくなっている?
  3. 性交渉が多いと老けにくい?

 

これらの迷信を科学論文を使ってお話しします。

 

  1. 性交渉の頻度が高い女性は閉経が遅かった
  2. 日本の18~39歳男女、性交渉、経験なしが25%も
  3. 性交渉の相手が10人以上でがんのリスク上昇
  4. 出張中の見知らぬ女性との性交渉で死亡したら労災認定が降りた

    性交渉の頻度が高い女性は閉経が遅かった

    イギリス王立協会のオンライン科学誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス」に掲載された論文によると、平均して週に1回以上の性交渉を持つ女性は、性交渉の頻度が月に1回未満の女性と比べると、閉経期に入る割合が28%少なかった、と言う研究結果が出ています。

    これは、「中年期に差し掛かっている女性で、性交渉をほとんど持たないか、その頻度が低い場合、女性の体は妊娠に関する機能を早期に停止するため」と考えられています。

    一方で過去の研究では、一度も結婚したことのない女性や離婚した女性に比べて既婚女性の閉経が遅い理由について、「男性ホルモン」の影響が指摘されていました。

    すなわち男性ホルモンが多く分泌されるため、女性としての機能が早期に衰えると考えられていました。

    これらの考察から、性交渉の頻度が少ないと、男性ホルモンの分泌や身体的な変化により閉経に至るまでの期間が短くなってしまうと考えられています。

    日本の18~39歳男女、性交渉、経験なしが25%も

    18~39歳の日本人の25%に異性間との性交渉の経験がないとする研究結果を、東京大とスウェーデンのカロリンスカ研究所のチームが1万人以上の調査データを分析し、発表しました。

    「草食男子」「セックス離れ」と言われるように、性交渉を求めない人が増えたと言われています。

    ところが今回の調査では、特に雇用や経済状態が不安定な男性で性交渉をする割合が高い一方、未経験の男女の8割に結婚願望がありました。

    この結果から「本当は性交渉をしたいのに、不本意ながら性交渉に至れない可能性がある」と考えられています。

    時に25~39歳の男性で、パートや有期雇用、無職や収入の低さが、性交渉未経験と関連することが判明しました。

    そして年収が300万円を下回るとその割合は跳ね上がっていたのです。

    お医者さんは性交渉が何よりも好きなのは、高収入であることが一つの要因なのかもしれません。

    ちなみに同性間の性交渉はデータがなく分析できなかったとのことです。

    性交渉の相手が10人以上でがんのリスク上昇

    オーストリアのメディカルユニバーシティビエンナのグラボバック氏らは、50歳以上のイギリス人男女のデータを分析し、生涯の性交渉パートナーが0~1人の人に対し、10人以上の人ではがんと診断されるリスクが男性で69%、女性で91%も高かったと発表しました。

    また、性交渉パートナーが生涯で10人以上の女性は、活動が限定される慢性疾患を有するリスクが優位に高くなることが示されています。

    この研究は統計的な研究なので明らかな原因は解明されていませんが、生涯の性交渉パートナーの数が多いほど、がんのリスクが高まることが判明したのです。

    研究チームは「がんリスクの上昇は、おそらく性感染症に関連する種類のがんによるものと推測される」と考察しています。

    出張中の見知らぬ女性との性交渉で死亡したら労災認定が降りた

    出張中に見知らぬ女性と性交渉をした男性が心筋梗塞で死亡した男性に対して、パリの裁判所は、男性の死を労災と認定し、雇用していた企業に遺族に対する賠償責任があるとの判決を下しました。

    この男性は2013年、フランス中部への出張中にホテルで見知らぬ女性と性交渉をしている最中に心筋梗塞を発症し死亡しました。

    フランスの公的健康保険側は労災として扱うと発表していましたが、雇用していた企業側は性交渉中は仕事をしていないかったとして決定の無効を求めていました。

    フランスの法律下では労働者の出張中の事故などは全て、雇用主に責任があると言われており、今回の件に関しても、

    「出張中であっても性行為はシャワーを浴びたり食事をするのと同じ」と日常の行為であると裁判所が判断し、労災と認められたとのことです。

    【参考文献】

    1. Sexual frequency is associated with age of natural menopause: results from the Study of Women’s Health Across the Nation
    2. Trends in heterosexual inexperience among young adults in Japan: analysis of national surveys, 1987-2015.
    3. The Relationship Between Chronic Diseases and Number of Sexual Partners: An Exploratory Analysis
    4. https://www.bbc.com/news/world-europe-49662134

    【監修医師】

    1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji

    ♡H♡に関連する記事

    どうして近親相姦がダメなのか?【医学的に解説】

    どうして近親相姦がダメなのか?【医学的に解説】の画像

    どうして近親相姦がダメなのか?【医学的に解説】

    近親相姦とは、近い親族関係にある者による性行為です。近親相姦は人類の多くの文化で禁忌扱いされていますが、近親者間の性行為は異性間、同性間を問わず発生し、また大人と子供、子供同士、大人同士のいずれでも起こります。そんな禁断の性行為と言われる近親相姦がなぜいけないと言われているのでしょうか?

    【神秘】女性がMRIで〇〇する画期的な科学実験

    【神秘】女性がMRIで〇〇する画期的な科学実験の画像

    【神秘】女性がMRIで〇〇する画期的な科学実験

    “女性のオーガズム”これほど神秘的な現象って、なかなか思い当たるものはないと思います。今回は、そんな“女性のオーガズム”のメカニズムを解明する、画期的な研究をご紹介します。具体的に申し上げますと、5人の女性がMRIの中でオナニーをしてイった話です…

    痴漢をする人間はどんな人間なのか?

    痴漢をする人間はどんな人間なのか?の画像

    痴漢をする人間はどんな人間なのか?

    「隣の車両のあの子可愛い。」と思った事がある男性は多いと思います。思うだけだったらいいけど、衝動を抑えきれずにちょっかいを出してしまう。そう、それが痴漢です。通勤や通学に電車を利用する女性で痴漢に遭ったことのある人は多いでしょう。近年では男性が被害に遭うケースもあるようです。痴漢は性犯罪であり許されるものではありませんが、すし詰め状態の混雑した中では犯人の特定が難しく、冤罪(えんざい)の問題も指摘されています…