脳・神経系

【神経内科・脳神経外科】では脳・神経系のことを中心に、記憶や学習などについてお届けします。

【神経内科】は脳、脊髄、末梢神経、脊柱などの臓器を扱う科として、お薬で治療します。代表的な対応疾患として、認知症(アルツハイマー病)、パーキンソン病、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、髄膜炎、ギランバレー症候群、クロイツフェルト・ヤコブ病などがあります。

【脳神経外科】はおなじ脳、脊髄、末梢神経、脊柱などの臓器を扱う科ですが、主に手術を担当します。代表的な手術として、脳腫瘍に対する摘出術、脳動脈瘤のクリッピング・コイル塞栓術、脳出血に対す穿頭血種除去術・開頭血種除去術などがあげられます。

【驚愕】脳は直接触っても痛みを感じないって知ってましたか?

【驚愕】脳は直接触っても痛みを感じないって知ってましたか?の画像

【驚愕】脳は直接触っても痛みを感じないって知ってましたか?

Mediveryこんにちは、メディバリー大学病院です。
以前の記事で「覚醒下脳腫瘍摘出術」という脳の手術についてお伝えしました。その中で、次の様な質問をいただきました。...

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説の画像

激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説

人間の脳は周りを頭蓋骨に囲まれて外の力から保護されています。この頭蓋骨と脳の間は3種類の膜で覆われています。外から順番に硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれています。くも膜と軟膜のすき間は、別名くも膜下腔と呼ばれていまして、この隙間は脳脊髄液という脳を保護する役割を持つ液体で満たされ、脳動脈や脳静脈が存在しています。くも膜下出血とは、このくも膜下腔に出血を起こした状態を指します。

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?の画像

認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?

脳は、人のからだ全体をコントロールしている、とても大切なところです。呼吸や睡眠といった意識していない活動から、学ぶ、運動するといった高度な活動まで、人間のあらゆる活動をコントロールしています。認知症は、脳の細胞がさまざまな原因で減少したり、働きが悪くなったりすることによって、記憶や判断力の障害などが起こった状態です。認知症になると、ごはんを食べたことを覚えていない、自分のいる場所がどこなのかわからない、できたはずのことができなくなるなどの症状が出てきます。

高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】

高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】の画像

高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】

脳の発作、いわゆる「脳卒中」は血管が詰まるタイプの「脳梗塞」と、血管が破けて出血するタイプの「脳出血(以前は脳溢血と呼んでいました)」の二つに大別できます。かつて日本では脳卒中と言えば脳出血を指すほど脳出血が多数を占めていましたが、徐々に減ってきて今では脳梗塞のほうが多くなっています。 脳出血の原因の約6割が、高血圧性脳内出血です。高血圧症や動脈硬化が起こる、50~60歳代に好発します。

脳梗塞が起こる前に現れる前兆5選! 症状を見逃してはいけない!すぐに病院へ!

脳梗塞が起こる前に現れる前兆5選! 症状を見逃してはいけない!すぐに病院へ!の画像

脳梗塞が起こる前に現れる前兆5選! 症状を見逃してはいけない!すぐに病院へ!

脳梗塞は脳に酸素や栄養を送る動脈が詰まり、そこから先の脳細胞に血流が届かず、脳細胞が壊死してしまう病気です。脳梗塞の症状や程度は人により様々ですが、”昨日まではなんでもなかったのにある日突然症状が出現する”のがこの病気の特徴です。そして、この脳梗塞の後遺症を最小限にくい止めるために最も大切なことは、もし発症してしまったら”発症後できるだけ早く専門病院で治療を開始すること”です。今回はそんな脳梗塞を可能な限り早期に発見するために、「脳梗塞の前兆」といわれる症状について解説します…

【驚愕】バイオリン演奏しながら手術を受けた女性の話【意識あり】

【驚愕】バイオリン演奏しながら手術を受けた女性の話【意識あり】の画像

【驚愕】バイオリン演奏しながら手術を受けた女性の話【意識あり】

現代の医学においては、世にも奇妙な手術がいくつも存在します。その中でも脳神経外科の先生は、とても神秘的で革新的な手術をすることがあります。今回は、そんな脳神経外科の先生が行った、脳の中にできたガンを摘出するための特殊な方法についてご紹介します…

【驚愕】実は脳は自分の手を正しく認識していなかった!?

【驚愕】実は脳は自分の手を正しく認識していなかった!?の画像

【驚愕】実は脳は自分の手を正しく認識していなかった!?

皆さんはご自分の手を見たとき、「自分の手だ!」と正しく認識していますよね?この時点で「どういうこと?」と思う方がほとんどだと思います。それはその通りで、たいていの場合は普通に自分の手をみたら「自分の手だなぁ」と認識できるのが私たちの脳のなのです…

【ワーキング】仕事を手っ取り早く終わらせる脳の鍛え方【メモリー】

【ワーキング】仕事を手っ取り早く終わらせる脳の鍛え方【メモリー】の画像

【ワーキング】仕事を手っ取り早く終わらせる脳の鍛え方【メモリー】

今日は仕事や勉強の効率が上がらない人のための効率を上げるための脳の鍛え方についてお話しします。結論から言いますと1:適度な運動2:楽しい会話をする3:新しいものにチャレンジする この3つです。ではこんな…

【受験生必須】本当に効果がある暗記方法とは?【効果絶大です】

【受験生必須】本当に効果がある暗記方法とは?【効果絶大です】の画像

【受験生必須】本当に効果がある暗記方法とは?【効果絶大です】

こんにちは!メディバリー大学病院です!今回は効果のある記憶法に関してお話しします。学生時代の受験や、社会人になっての各種資格試験などで、必須の暗記。勉強をしているのになかなか覚えられない人は多いかと思います。でも、ある事を意識するだけで、飛