激しい頭痛が突然起こる「くも膜下出血」とは 症状や治療法を解説

Medivery


こんにちは、メディバリー大学病院です。今回は、くも膜下出血についてお伝えします。
この記事では医師監修の元、病気や、健康について分かりやすく解説しています。健康志向の強い方や、健康に興味のある方は是非、ブックマークを宜しくお願いします。

 

    1. 【くも膜下出血の概要】
    2. 【くも膜下出血の症状】
    3. 【くも膜下出血の診断】
    4. 【くも膜下出血の治療】
    5. 【くも膜下出血の再発に関して】
    6.  まとめ

     

      【くも膜下出血の概要】

      ここではくも膜下出血の概要についてお話しします。人間の脳は周りを頭蓋骨に囲まれて外の力から保護されています。この頭蓋骨と脳の間は3種類の膜で覆われています。外から順番に硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれています。くも膜と軟膜のすき間は、別名くも膜下腔と呼ばれていましてこの隙間は脳脊髄液という脳を保護する役割を持つ液体で満たされ、脳動脈や脳静脈が存在しています。くも膜下出血とは、このくも膜下腔に出血を起こした状態を指します。原因はいくつか挙げられますが、代表的なものは、くも膜下腔を走る脳動脈の壁の一部がこぶ状に膨らんだ脳動脈瘤の破裂が原因と言われています。その他、血管の奇形や静脈からの出血、そして外傷などもくも膜下出血の原因となります。
      中でも脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血は死亡率が高く、約1/3の人はくも膜下出血で命を落とし、約1/3の方は重篤な後遺症が残るとされております。そして病気になる前の状態で社会復帰ができるのはたったの 1/3程度と言われています。動脈瘤破裂によるくも膜下出血は男性と女性ほぼ同程度の比率で、40歳以降に比較的多くみられ、加齢に伴って発症率は増加しますが30代、場合によっては20代でも発症する可能性があります。

      【くも膜下出血の症状】

      典型的な症状としては「突然、バットで殴られたような激しい頭痛を感じる」と言われており、今まで経験したことがないような強烈な痛みが起こります。ほとんどの方が吐き気や嘔吐を伴い、発症と同時に意識障害が起こります。また、場合によっては意識を失うこともあります。この頭痛に関してですが、特に”突然起こる”というのは危険なサインです。患者さんは頭痛が起こったその瞬間を自覚されていることが多いです。出血の程度や破裂した脳動脈瘤の場所にもよりますが、一般的に約20-30%の人は初回の動脈瘤破裂で死亡するといわれています。
      また突然発症する頭痛以外にも、くも膜下出血の発症前に警告症状(前段階の症状)として、突然の頭痛を何回か経験する場合があります。吐き気、嘔吐を伴ったズキズキする頭痛で1日,2日持続し、普段は感じないような頭痛でも自宅で様子を見てしまい見逃される場合もあります。これは動脈瘤からの微小な出血が原因の頭痛と考えられており、発症前の非常に危険なサインです。
      そして頻度は非常に少ないですが、動脈瘤からの出血量が非常に少ない場合、軽い頭痛のみしか自覚症状が無く、風邪などの感染症と思い込んで病院を受診しない患者さんもおられます。

      【くも膜下出血の診断】

      このような症状で受診され、くも膜下出血が疑われる場合は、私たちはまずは頭部CT検査を行い、頭蓋内の出血の有無を調べます。一般的に頭蓋内の出血に関しては頭部CTでの確認が適していると言われていますが、出血が少量の場合や発症からある程度の時間が経過している場合では頭部CT検査では出血の有無の判断が難しい場合があります。
      その場合は施設や診察する医師の裁量によりますが、一般的には腰椎穿刺といって腰から針を刺して脳脊髄液を採取する検査を行い、脳脊髄液に血液が混じっているかどうかを調べます。また頭部 MRI/MRA 検査を行えば、微小なくも膜下腔の出血を確認でき、また脳動脈瘤の有無を判断できますが頭部MRIを行える施設は限られておりいつでもどこでも行える検査ではありません。これらの検査によってくも膜下出血と診断されたら、出血源を探すために、脳血管の検査を行う必要があります。上でお話しした頭部MRAは、造影剤やカテーテルを使わずに脳血管を確認できる検査法ですが、小さな動脈瘤を確認したり、動脈瘤の詳細な情報を得ることが難しいことが多いです。そのため治療法を決定するためには、造影剤を使ったCT血管撮影やカテーテルを使った脳血管撮影が必要なことが多いです。

      【くも膜下出血の治療】

      破裂した脳動脈瘤は、患者さんが搬送された時点では止血されている状態になっていることが多いです。ところがこの状態ではいつ再度出血を起こすかわからない状態です。
      一般的にはくも膜下出血が発症してから24時間以内(特に最初の6時間以内)に再出血を起こすことが一番多いといわれています。そして、再出血を起こした場合の死亡率は約50%、再々出血後の死亡率は約80%以上といわれています。これらのことを考慮し、まず行うべき治療は再出血の予防になります。血圧を厳密にコントロールし、痛みをとり、光などの刺激が加わらないように暗室でゆっくり休んでいただきます。場合によっては意識の状態が悪かったり昏睡状態になる場合は麻酔薬を使って気管挿管をする場合もあります。一般的には出血した脳動脈瘤を調べ、その動脈瘤からの出血を止める外科的処置を行います。主な処置は2通りあり「開頭クリッピング術」「コイリング術」となります。開頭クリッピング術は頭の骨を外し脳を露出させ、出血している動脈瘤を直接確認し、洗濯バサミのようなチタン製のクリップで動脈瘤をクリップする方法で、コイリング術は足の付け根の動脈からカテーテルを通して脳動脈瘤がある部分までカテーテルを進め、細い金属を何重にも動脈瘤の内側に詰める方法です。どちらの治療が選択されるかは、その病院や担当する脳神経外科医、動脈瘤の大きさや場所、患者さんの全身状態などいろいろな要因が考慮された上で決定されます。
      くも膜下出血の治療結果は、手術が終わった時点で全てが決まる訳ではありません。出血から4日目から~14日目にかけて、脳血管攣縮と呼ばれる脳の血管が収縮していく現象が起きる場合があります。この脳血管攣縮が起きる原因は、残った血腫とも言われたり、脱水によるものとも言われたりしますが、明らかな原因はわかっておりません。脳の血管が細くなると血流が保てなくなり逆に脳梗塞を引き起こす恐れがあり場合によっては命を落とす危険もある重篤な状態です。そのため術後は可能な範囲で血圧を上げ、点滴で血流を保ち、血液が固まりにくくなる抗血小板剤を使い、血管を拡張させる薬剤を点滴し、様々な管理を集中的に行います。これらの内科的治療でも状態が改善しない場合には、血管内手術による血管拡張術が考慮される場合もあります。

      【くも膜下出血の再発に関して】

      無事に治療が終わったくも膜下出血ですが、治療した脳動脈瘤から再度出血を起こす可能性もゼロではありません。これは行った治療法によって確率は変わってきます。例えばクリッピングした部分でそのクリップが何らかの原因でずれてしまったり、クリップしたところに別の動脈瘤ができてしまう可能性もあります。一方、コイリングの場合は瘤内につめたコイルが時間経過でどんどん押しつぶされて小さくなり、動脈瘤の中に血液が再度充満してしまう可能性もゼロではありません。そのため手術が無事成功し、自宅に帰れるようになっても、定期的に脳神経外科を受診して頭の画像を撮って術後の状態を長い間チェックしていくことが必要になります。

      まとめ

      今回のクモ膜下出血は「突然起こる」「これまで経験したことがないような」「激しい頭痛」というのがキーワードです。皆様の中には頭痛持ちの方も多いと思いますが、普段の頭痛の何十倍・何百倍も強い痛みがおそってくると言われております。また、あまりに強い頭痛の影響や、頭蓋骨内に出血した血液で脳が圧迫される影響で嘔吐もでてきます。このような「突然」「激烈」「嘔吐」などを伴なう頭痛を感じた場合は迷わず救急車を呼びましょう!
      今回の内容はいかがでしたか?
      メディバリー大学病院では、コメント欄で記事にして欲しい内容も募集しています。健康や原因不明の症状で悩んでいる事があれば、ぜひ、コメント欄でお知らせください。今後もこのような投稿をしていくので、この記事が良いと思った方は、高評価と登録をお願いします。最後までご覧になっていただきありがとうございました。

      【参考文献】

        厚生労働省 平成28年(2016)「国民生活基礎調査の概況」

        「脳卒中治療ガイドライン2009」(日本脳卒中学会)

        【監修医師】

        1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
        2. 小山翔平 (Shohei Oyama): 整形外科専門医, おやま整形外科クリニック院長 《Web》https://oyama-seikei.gassankai.com/

        脳・神経系に関連する記事

        認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?

        認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?の画像

        認知症はアルツハイマーだけではない?!血管性認知症とは?

        脳は、人のからだ全体をコントロールしている、とても大切なところです。呼吸や睡眠といった意識していない活動から、学ぶ、運動するといった高度な活動まで、人間のあらゆる活動をコントロールしています。認知症は、脳の細胞がさまざまな原因で減少したり、働きが悪くなったりすることによって、記憶や判断力の障害などが起こった状態です。認知症になると、ごはんを食べたことを覚えていない、自分のいる場所がどこなのかわからない、できたはずのことができなくなるなどの症状が出てきます。

        高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】

        高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】の画像

        高血圧の人は要注意!!脳出血の原因と予防策とは?【喫煙、飲酒、トイレでのいきみ】

        脳の発作、いわゆる「脳卒中」は血管が詰まるタイプの「脳梗塞」と、血管が破けて出血するタイプの「脳出血(以前は脳溢血と呼んでいました)」の二つに大別できます。かつて日本では脳卒中と言えば脳出血を指すほど脳出血が多数を占めていましたが、徐々に減ってきて今では脳梗塞のほうが多くなっています。 脳出血の原因の約6割が、高血圧性脳内出血です。高血圧症や動脈硬化が起こる、50~60歳代に好発します。

        脳梗塞が起こる前に現れる前兆5選! 症状を見逃してはいけない!すぐに病院へ!

        脳梗塞が起こる前に現れる前兆5選! 症状を見逃してはいけない!すぐに病院へ!の画像

        脳梗塞が起こる前に現れる前兆5選! 症状を見逃してはいけない!すぐに病院へ!

        脳梗塞は脳に酸素や栄養を送る動脈が詰まり、そこから先の脳細胞に血流が届かず、脳細胞が壊死してしまう病気です。脳梗塞の症状や程度は人により様々ですが、”昨日まではなんでもなかったのにある日突然症状が出現する”のがこの病気の特徴です。そして、この脳梗塞の後遺症を最小限にくい止めるために最も大切なことは、もし発症してしまったら”発症後できるだけ早く専門病院で治療を開始すること”です。今回はそんな脳梗塞を可能な限り早期に発見するために、「脳梗塞の前兆」といわれる症状について解説します…