【うなぎにはどんな栄養があるの?カロリーは高いの?】土用の丑の日の由来や、鰻の食べ過ぎについても解説!

Medivery


こんにちは、メディバリー大学病院です。
土用の丑の日といえば「鰻」ですね。今回は、一般的に食べると精がつくと言われている鰻の栄養成分や期待できる働きをご紹介します。「精がつく」は、はたして本当なのでしょうか?
このブログでは医師監修の元、病気や健康について分かりやすく解説しています。健康志向の強い方や、健康に興味のある方は是非、ブックマーク宜しくお願いします。

 

  1. 丑の日に鰻はなぜ?知っておきたい「鰻」の基礎知識
  2. 鰻のおもな栄養素と期待できる働き
    1. ビタミンA
    2. ビタミンB1・B2
    3. ビタミンE
    4. DHA・EPA
    5. カルシウム
  3. 鰻のカロリーはどのくらい?
  4. 栄養豊富だけれど、うなぎの食べ過ぎには注意!
  5. 心と体の栄養に鰻を食べよう!
  6. まとめ

 

丑の日に鰻はなぜ?知っておきたい「鰻」の基礎知識

6月も中旬を過ぎると、飲食店やコンビニなどで鰻の広告をよく目にしますよね。「土用の丑(うし)の日」に鰻を食べる習慣から、このシーズンになるとこぞって売り出されています。でも、なぜ土用の丑の日に鰻を食べるのか、理由を知ってる人は意外と少ないのではないでしょうか?諸説あるようですが有力と言われている平賀源内(ひらがげんない)説をご紹介します。
江戸時代、「夏場には味がこってりしているので鰻が売れない!」と、鰻屋が平賀源内に相談したところ、「丑の日に『う』がつくものを食べると夏負けしない」というキャッチコピーを作り、言い伝えをもとに『本日、丑の日』と書いて店先に貼ることを勧めました。それが大当たりしその鰻屋は大繁盛、それからほかのうなぎ屋もまねるようになり、丑の日に鰻を食べる風習が定着したと言われています。どうやら「夏負けしない=精がつく」ことをうたい文句にした商売的要素が強かったようです。

鰻のおもな栄養素と期待できる働き


では実際、鰻にはどのような栄養素が豊富なのでしょうか?ここでは鰻の主な栄養素とその働きをご紹介します。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜、目の健康を維持するために不可欠なビタミンです。鰻一食(100gあたり)に含まれるビタミンAは、1,500μg(マイクログラム)と言われています。ビタミンAの1日あたりの推奨量は、このようになっています。そのため、鰻一食分には一日に必要なビタミンAの約2倍の量が含まれているのことがわかります。しかしビタミンAには摂取しすぎによる過剰症のリスクもあります。ビタミンAの過剰症については後ほど詳しく解説します。ビタミンAが含まれる食品には、他に豚や鳥のレバー、モロヘイヤ、にんじん、卵があります。

ビタミンB1・B2

ビタミンB群の中でも、鰻にはビタミンB1とビタミンB2が豊富に含まれています。鰻一食(100gあたり)に含まれるビタミンB1は0.5g、ビタミンB2も0.5gです。ビタミンB1主要なエネルギー源である炭水化物を分解する際に必要とされるビタミンです。炭水化物の代謝にはエネルギーを使うので、その代謝をビタミンB1が助けることで疲労回復につながり、夏バテ予防にもなります。
また、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。糖質を多く摂る人やよく体を動かす人は、エネルギーの産生が盛んなため、より多くのビタミンB1を必要とするので特に不足しないように注意が必要です。ビタミンB2成長促進・皮膚や粘膜の保護といった働きがあります。不足すると口内炎、口角炎、舌炎、角膜炎などを起こします。また、「発育のビタミン」ともいわれ、子どもの成長に重要な役割を果たすので、活動量の多い子どもは不足しないように注意する必要があります。ビタミンBが含まれる食品には、鶏レバー、菜の花、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。

ビタミンE

鰻一食分(100gあたり)には、4.9mgのビタミンEが含まれていて、日本人の摂取目安料は6〜10mgですので、かなりの量を摂取できます。ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれます。これは、私たちの体内にある細胞の、細胞膜の老化を防ぐ働きをしているためです。細胞の老化も防ぐので、ビタミンEを摂取することで美肌効果やアンチエイジングも期待できます。また、動脈硬化や血栓の予防、血圧の低下、LDL(悪玉)コレステロールの減少といった働きもしています。ちなみにビタミンEが含まれる食品には、野菜だとカボチャ、ニラ、ほうれん草などがあります。

DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)はオメガ3脂肪酸という脂質の仲間で、動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDLコレステロールを減らすなどの効果があります。DHA・EPAといえば青魚に多く含まれているというイメージがありますが、実は鰻にも多く含まれます。鰻一食(100g)に含まれるDHAは1300mg、EPAは750mgで、DHAでいうと秋刀魚一尾と同じくらいの量になります。DHAとEPAの1日推奨摂取量は1000mg以上と言われていますので、一食分でほとんどカバーできます。DHA・EPAの効果としては他にも、冠動脈疾患や脳梗塞の予防になる可能性が高いと言われています。

カルシウム

カルシウムは歯や骨を丈夫にします。カルシウムの1日推奨摂取量は年代や性別によって異なります。このうち30〜49歳の男女を見てみると、推奨摂取量は650gです。
鰻一食(100g)で150mgありますので、なかなかの量を摂取できます。カルシウムが豊富に含まれている食べ物には他にも、干しエビや木綿豆腐、モロヘイヤ、小松菜、水菜、昆布などがあり、モロヘイヤ100gにカルシウムは260mg、小松菜100gには170mg含まれています。これらの食品も1日の中で取り入れることで、推奨摂取量に近づきます。ただ注意したいこととして、カルシウムだけを摂取しても体に栄養が吸収されづらいということがあります。カルシウム単体でなく、「ビタミンD」も一緒に摂ることでより吸収されるようになります。ビタミンDが多く含まれる食品には、エリンギや舞茸、しいたけといったキノコ類や、卵、キクラゲなどがあります。そのため、付け合わせにキノコを一品添えたり、鰻を卵でとじたりすると良いかもしれません。

鰻のカロリーはどのくらい?

気になる鰻のカロリーですが、鰻一食(100g)あたりのカロリーは255kcalです。また、うな丼と他の料理のカロリーを比較すると意外と少ないことがわかります。

栄養豊富だけれど、うなぎの食べ過ぎには注意!

ここまでうなぎは栄養豊富であることをお伝えしましたが、毎日うなぎを食べ過ぎるのは注意が必要です。うなぎにはビタミンAが豊富に含まれていますが、このビタミンは「脂溶性ビタミン」です。ビタミンB郡やビタミンCといった「水溶性ビタミン」の場合は水に溶けやすいので体から排出されやすいですが、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKといった「脂溶性ビタミン」水に溶けづらく、体から排出されづらいので「過剰症」の症状が出ることがあります。ビタミンAの過剰症では、急性の中毒で頭痛、腹痛、めまい、吐き気などの症状が、慢性の中毒で頭痛、関節痛、乾燥肌、脱毛、食欲不振などの症状が出てきます。ビタミンAについては鳥や豚のレバーを一緒に食べている場合、サプリメントを摂ってる場合には過剰になる場合があるますので注意が必要です。
また、妊婦さんの場合はビタミンAの過剰が胎児に悪影響になることがありますので、こちらも注意が必要です。とはいえ、週に1、2回うなぎを食べる程度であれば問題ありませんので、食べ合わせに少し気をつけて食べてみてください。

心と体の栄養に鰻を食べよう!

鰻はこれだけ食べれば大丈夫といったようなスーパーフードではありませんが、「鰻を食べると精がつく」と昔の人が言ったように元気な気持ちになりますよね。特に、土用の丑の日のような特別な日には鰻を食べることで気持ちの面でも大きな、パワーをもらうことができます。食事を摂ることで心が満たされることは人生においても重要です。また、食べ合わせで栄養バランスを整えることで、健康にもなれます。江戸時代の宣伝文句に釣られて、土用の丑の日に鰻を食べるのも悪くありません。

まとめ

今回お話ししたようなウナギに含まれるビタミンやミネラルという科学的な情報は、もちろん江戸時代にはわかりませんでした。しかし、それでも古来より日本人は経験則的にウナギを食べると精がつくということを知っていたのです。このような伝承は、相当な確率で正しかったりします。今回のウナギの件だけではなく、ニンニクやすっぽんなども精がつく食品として有名ですが、やはりそれに見合った栄養素が含まれておりますし、健康にいいといわれる食品はそれだけの根拠があとから判明するものです。
医学的な話しとは逸れてしまいましたが、このように古来よりの言い伝えには、当時は根拠がありませんでしたが現代になって根拠が見つかるケースが多く、大切にすべき習慣だと考えられます。これからもおじいさんの言い伝えや、おばあちゃんの知恵袋は大切にしていきましょう!
今回の記事はいかがでしたか?
メディバリー大学病院では、コメント欄で記事にして欲しい内容も募集しています。健康や原因不明の症状で悩んでいる事があれば、ぜひ、コメント欄でお知らせください。今後もこのような投稿をしていくので、この記事が良いと思った方は、高評価と登録をお願いします。最後までご覧になっていただきありがとうございました。

【参考文献】

実教出版編集部『オールガイド食品成分表2019』実教出版(2019)
日本食品標準成分表2015年版(七訂)魚介類/うなぎ/かば焼
日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要
公益財団法人長寿科学振興財団健康長寿ネット「ビタミンB1の働きと1日の摂取量」
公益財団法人長寿科学振興財団健康長寿ネット「ビタミンB2の働きと1日の摂取量」
厚生労働省「脂質」
厚生労働省e-ヘルスネット「不飽和脂肪酸」

【監修医師】

  1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
  2. 小山翔平 (Shohei Oyama): 整形外科専門医, おやま整形外科クリニック院長 《Web》https://oyama-seikei.gassankai.com/

食事・サプリに関連する記事

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選の画像

劇的に死亡リスクを下げ、血流を良くする習慣

私たちの身体全身を絶えず巡っている血液。この血液は生活に必要な栄養や酸素を運んだり、不要となった老廃物などを回収する重要な役割をになっているのはご存知ですよね。これを血流と言います。しかしながらこの血流は目に見えないところで行われているため、正常に行われているのか、あるいは何かしらのトラブルが発生しているかは血液検査で調べるしか方法がありません。血流が悪くなる、とは一般的に血液がドロドロの状態と表現されることも多いのですが、健康な血液というのはサラサラの状態であり、健康のためにも血液をサラサラの状態で維持することが求められます。

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選

健康的な食べ物 | 怖い病気を防ぐ食べ物3選の画像

将来なったら怖い病気を防ぐ食べ物3選

皆さん、普段どんな食事をとっていますか?「自炊して健康に気を使ってる」「外食が中心で脂っぽい食事だ」「ウーバーイーツで頼んで少し不健康だ」など、様々な食事スタイルが考えられると思います。今回はそんな食事スタイルではなく、食事の内容についてのお話しです。「〇〇は健康的な食べ物!」とよく耳にしますが、大規模な研究結果からある食べ物をとることで本当に健康になることが分かったのです。そんな健康になれる食べ物について解説していきます…

エナジードリンクとカフェインの副作用 | エナジードリンクってやばいの?

エナジードリンクとカフェインの副作用 | エナジードリンクってやばいの?の画像

エナジードリンクって実際のところ何がやばいの?【医師解説】

「仕事で疲れたとき」「試験勉強で眠くなったとき」「車の運転で眠気を予防したいとき」このような時に皆さんもエナジードリンクを飲んだことはあるのではないでしょうか?そんなエナジードリンク、よく「飲みすぎると危ない!」と聞くことも多いと思います。では実際何が危険なのでしょうか?今回はその「エナジードリンクの具体的な危険性」についてお届けします…