【放置厳禁】子供の発熱の症状6選

Medivery


お子さんが熱を出した場合、皆さんはどうされますか?体温が38度以上あり、かつ次のような症状がある場合は、早めに病院を受診することをお勧めします。夜間や休日なら救急病院へ行くか、往診を依頼しましょう。

  • 元気がなくてぐったりしている
  • 下痢や嘔吐が続き、水分を摂れていない
  • 意識がもうろうとしている
  • 顔色が悪い
  • 呼吸が苦しそう
  • 咳で眠れない

また、生後3ヶ月未満のお子さんの発熱は重篤な感染症が疑われる場合が多いです。ご自宅で解熱剤を使用せずに、すぐに病院を受診しましょう。

こんにちは、メディバリー大学病院です。
今回は、お子さんが発熱した場合のケア方法や、お風呂に入っても良いかの基準、考えられる発熱の原因についてお伝えします。
このブログでは医師監修の元で病気や健康について発信しています。興味をもたれた方はブックマークをしていただけると嬉しいです。

 

      1. 子どもの発熱は何度から?
      2. 発熱は体にとって悪いこと?
      3. 子供が発熱した場合に解熱剤は必要?
      4. 子どもが発熱した場合のおうちでのケア方法は? 
        • 1.体を冷やす
        • 2.こまめに水分補給を促す
        • 3.快適な環境を整える
        • 4.体を清潔に保つ
      5. 子どもが発熱したとき、お風呂に入れてはだめなの?
        • 1.元気があるかどうか
        • 2.高熱が出ているか
        • 3.解熱剤を使っていないか
        • 4.湿疹やケガはないか
        • 5.下痢や嘔吐をしていないか
      6. 子供の発熱の原因は?
      7. まとめ

     

    子どもの発熱は何度から?

    子どもの体温は大人よりも高いため、「37.5度以上か、普段の平熱よりも1度以上体温が高い場合」に発熱していると考えましょう。また、子供は免疫力が低いので、風邪を引きやすく、よく発熱しますが、発熱以外の症状が現れていないかどうかが重要です明らかな症状がなくても、お父さん・お母さんから見て普段とどこか様子が違う、普段よりも元気がない、などの漠然とした印象でも構いません。

    発熱は体にとって悪いこと?

    発熱は、免疫がウイルスや細菌と闘っているサインです。体は体温を上げることで、ウイルスや細菌を退治しようとしていますそのため、子どもが発熱しても、薬で体温を下げる必要がないこともよくあります。落ち着いて様子を見てあげることが大切です。

    子供が発熱した場合に解熱剤は必要?

    子供の解熱剤には、「座薬(ざやく)」を使用するのが一般的です。座薬は、熱が上がっているタイミングで使用しても効果は低く、子供の熱がピークになってから使用するのが効果的と言われています。次のような症状が見られる場合、一時的に熱を下げてあげた方がゆっくり休めてより良い回復が見込めると言われています。

    • 38.5度以上の高熱でぐったりしている
    • 不機嫌になり、水分も十分取れていない
    • 高熱で眠れない

    1度座薬を使用したら、次の座薬の使用までは6〜8時間あけ、多くても1日3回までの使用にしてください。

    子どもが発熱した場合のおうちでのケア方法は?

    1.体を冷やす

    寒気がなくなり、高熱が出ている場合は、体を冷やしてあげてください。冷やす場所は、おでこではなく、脇の下や首筋、足の付け根、足首など太い血管が通っているところが良いでしょう。

    2.こまめに水分補給を促す

    高熱が出るとたくさん汗をかき、脱水症状になりやすい状態になります。こまめに白湯(さゆ)や経口補水液で水分補給をしましょう。

    3.快適な環境を整える

    熱の出始めは手足が冷たくなったり、寒気を感じたりします。厚着にさせるか、掛け布団を重ねるなどしてお子さんの体を温めてあげましょう。また、寒気がなくなって高熱が出ている場合は、薄着にさせたり、掛けるものを薄くしてあげるといいでしょう。

    4.体を清潔に保つ

    高熱と一緒に汗をかきやすいので、パジャマを着替え、体を拭くなどして、体を清潔にしてあげることが大切です。また高熱が出ていると口の中が乾きやすく、口の内の炎症を起こしやすいので、食後は必ず歯磨きやうがいをして、口の中もきれいにしましょう。

    子どもが発熱したとき、お風呂に入れてはだめなの?

    熱が出ているときにお風呂に入ると、体力を消耗し、病気の治癒が遅くなる可能性もあるため、子どもが発熱した場合は以下のポイントを確認して、お風呂に入れるか入れないかを判断してください。

    1.元気があるかどうか

    日中の様子を見て、少し熱があっても元気に動けているようであればお風呂に入れても大丈夫ですが、顔色が悪く、ぐったりしている場合は無理にお風呂に入れない方がよいでしょう。

    2.高熱が出ているか

    37.5~38度で機嫌がよく、食欲も落ちていないようであれば、お風呂に入れても問題ありません。しかし、38度を超える高熱であれば、湯冷めをしたり、体力が低下することで体調が悪化する可能性があるため、元気があるように見えてもお風呂は控えておく方がよいでしょう

    3.解熱剤を使っていないか

    解熱剤を使って、一時的に熱が下がっている場合は、解熱剤の効果が切れると急に熱が高くなることがあります。そのため、解熱剤を使ってから6時間以内はお風呂に入らないようにしましょう

    4.湿疹やケガはないか

    湿疹(しっしん)や傷などがある場合は、体の傷口から雑菌が入り込まないようにするため、他人が入る前のキレイなお風呂に入れてあげましょう。また体を洗うときは、石鹸やボディソープで泡を立てて洗い、さっとシャワーで流します。強くこすらないように気をつけてください

    5.下痢や嘔吐をしていないか

    下痢や嘔吐などの症状も出ている場合は、お風呂は控えましょう。下痢や嘔吐によって体から水分が減っているため、お風呂に入って汗をかくことで脱水状態になってしまう恐れがあります。

    子供の発熱の原因は?

    子供が39〜40度の高熱を出す場合は、よくある風邪のウイルスによるものではなく、細菌や他のウイルスが原因で生じている可能性もあります。

    ・RS(アールエス)ウイルス
    38~39度の発熱に加えて鼻水と咳が続きます。0歳児がかかりやすく、特に生後6ヶ月以下の子供は細気管支炎(さいきかんしえん)という病気や肺炎を引き起こして入院することも多くあります。

     ・インフルエンザ
    39~40度の高熱と、寒気や頭痛が出たあと、だるさや筋肉痛、嘔吐、下痢などを引き起こすことがあります。機嫌が悪くなり、食欲がなくなります。

    おたふく風邪(流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん))
    耳の下にある耳下腺(じかせん)という部分が腫れることで、「おたふく」のような顔になります。39.5~40度の高熱が出ることもあります。

     ・ヘルパンギーナ
    突然39度以上に発熱し、喉に赤い発疹ができ、やがて水ぶくれになります。なかなか熱が下がらず嘔吐もしている場合は、髄膜炎を合併している可能性もあります。

     ・プール熱(咽頭結膜熱(​いんとうけつまくねつ​))
    39~40度の高熱に加え、喉の痛みや目のかゆみ、充血などの症状を引き起こします。夏に流行し、発熱などの症状は3~7日ほど続きます。

    ・溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)
    38~40度の高熱が出るほか、頭痛や喉の痛みなどがあらわれます。喉が赤くなり、舌の表面に赤みのあるブツブツができることもあります。

    まとめ

    今回はお子さんの発熱に着目した記事をお送りしました。お子さんはよく熱を出すものですが、熱以外の症状がないかどうかはご両親の皆さんが注意深く観察してあげてください。中にはお子さんだけではなく、ご両親にも感染してしまう感染症が紛れている場合もありますので、ご家族皆様の健康を守るためにも適切な対処が必要です。
    また、子どものコロナ感染者数は大人に比べると少なく、発熱・咳・息切れなどの症状も大人に比べて少ないとされています。ただ、子どもが絶対に重症化しないという訳ではありませんし、感染拡大の要因になる可能性もあるため、お子さんの感染対策にも十分気をつけてください。

    メディバリー大学病院では、コメント欄で記事にして欲しい内容も募集しています。健康や原因不明の症状で悩んでいる事があれば、ぜひ、コメント欄でお知らせください。
    この記事がためになった、面白いと思った方は、高評価とブックマークをしていただけますと、今後の活動の励みになります!
    最後までご覧になっていただきありがとうございました。

    【参考文献】

    1. 乳児および小児の発熱 - 19. 小児科 - MSDマニュアル
      https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB
    1. 発熱 - 小児救急看護認定看護師会
      http://www.cn-pen.org/homecare/doc/file01.pdf

    【監修医師】

    1. Dr. KyoJi: 医師11年目の外科医, 新宿の医局→フリーランス, 《Twitter》https://twitter.com/dkyoji
    2. 小山翔平 (Shohei Oyama): 整形外科専門医, おやま整形外科クリニック院長 《Web》https://oyama-seikei.gassankai.com/

    小児に関連する記事

    【注意喚起】子供が頭をぶつけた時冷やして終わりにしてませんか?

    【注意喚起】子供が頭をぶつけた時冷やして終わりにしてませんか?の画像

    【注意喚起】子供が頭をぶつけた時冷やして終わりにしてませんか?

    みなさんが子どもの時、遊んでいて頭をぶつけた記憶はありませんか?誰しもが一度は頭をぶつけたことがあると思います。また、みなさんのお子さんなどで「家の中でお子さんが頭をぶつける危険を感じたことがある」という方は少なくないですよね。特に小さなお子さんは、大人の想像を超える動きをしたり、あるいは大人よりもはるかに視点の低いところで生活をするために、何かの角に頭をぶつけたり、少しの段差で頭を打ってしまったり、あるいは外でも転んで擦りむいたりするなど、些細なことで怪我を負うことは日常茶飯事ではないでしょうか。

    【意外と知らない】急性脳症ってどんな病気か教えます【医師監修】

    【意外と知らない】急性脳症ってどんな病気か教えます【医師監修】の画像

    【意外と知らない】急性脳症ってどんな病気か教えます【医師監修】

    急性脳症は主に小児科で扱うことが多い病気の一つです。病状としては子どもの発熱とけいれん、ときに意識障害も起こします。同じような症状が出るご病気には「熱性けいれん」「髄膜炎」等があげられ、この症状で受診されたり搬送されたりするお子さんがいた場合、慎重な判断を要します。特に「けいれん時間が長い」「けいれんを何度も繰り返している」「けいれん後も意識の戻りが悪い」といった症状の場合はすぐに専門的な処置が必要です。それ以外の場合でも、入院していただき、その後さまざまな検査・経過観察・治療が必要となります。